ニュース
» 2015年04月14日 19時23分 UPDATE

15年度の企業業績見通し、総じて上向き 個人消費低迷と人手不足が下ぶれリスクに 帝国データバンク

帝国データバンクの企業意識調査によると、15年度の企業業績見通しは総じて上向きだが、個人消費の一段の低迷と人手不足が懸念点として挙がっている。

[ITmedia]

 2015年度の企業業績見通しは総じて上向きだが、個人消費の一段の低迷が下ぶれ材料──帝国データバンクは4月14日、企業の意識調査結果を公表した。

photo 帝国データバンクのリポートより

 増収増益を見込んでいる企業は28.0%と前年から2.1ポイント減った一方、前年度並みが大幅に増加し、減収減益は減少。増収増益見込みは金融やサービスで高く、特に小売りは前年から大きく増えた。

 下ぶれリスクとして個人消費低迷を挙げたのは37.8%と最多。人手不足も29.2%と高く、前年から9.7ポイント増に。特に中小企業では人手不足に伴う賃金上昇を製品・サービスの単価引き上げでカバーすることが難しいため、業績悪化要因として懸念されているようだ。

 調査は3月18〜31日に全国2万3336社を対象に実施し、有効回答企業数は1万845社。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ