ニュース
» 2015年04月14日 17時50分 UPDATE

松竹の前期、営業益12.7%減 映画好調も演劇落ち込む

松竹の前期は営業益12.7%減。映画などは好調だったが一方、演劇は落ち込んだ。今期も減益を見込む。

[ITmedia]

 松竹が4月14日発表した2015年2月期の連結決算は、営業利益が前期比12.7%減の75億だった。「ホットロード」のヒットなどで映像関連事業が伸びたものの、演劇事業が落ち込んだ。

photo 10月に漫画「ONE PIECE」を原作とした「スーパー歌舞伎」を上演予定

 売上高は1.0%増の898億円。映像関連事業は「白ゆき姫殺人事件」「超高速!参勤交代」「好きっていいなよ。」「ホットロード」「紙の月」などの邦画配給作品がヒットしたほか、「アナと雪の女王」など興行も好調。売上高は4.8%増の472億円、セグメント利益は7倍の22億円だった。

 演劇事業は新装オープン2年目の歌舞伎座が好調だったが、売上高は8.4%減の27億円、セグメント利益は47.9%減の35億円にとどまった。演劇興行を取り巻く環境は楽観できるものではなく、「魅力的な公演の制作や販路拡大で来場者の裾野を広げることが課題」としている。

 今期は人気漫画「ONE PIECE」を原作とした「スーパー歌舞伎」の上演や、山田洋次監督が故・井上ひさしさんの遺志を継ぐ「母と暮らせば」などを上映。チケット販売サイト「チケットWeb松竹」のスマートフォン対応なども進める。

 売上高は3.7%増の931億円を見込むが、営業益は28%減の54億円とするなど、減益を予想している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
news065.jpg
赤坂8丁目発 スポーツ246:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -