ニュース
» 2015年04月10日 17時37分 UPDATE

吉野家HD、“値上げ効果”で増収増益 15年2月期

「吉野家」や「はなまるうどん」などをチェーン展開する吉野家ホールディングスが2015年2月期の連結決算を発表。営業利益は前期比で61%の大幅増だった。

[ITmedia]

 吉野家ホールディングスが4月10日に発表した2015年2月期の連結営業利益は前年同期比61.3%増の35億1500万円になった。主力の牛丼チェーン「吉野家」が商品の値上げなどで収益を拡大した。

2014年に2度の値上げを敢行した吉野家 2014年に2度の値上げを敢行した吉野家

 吉野家ホールディングスの連結売上高は1800億3200万円(前年同期比3.8%増)、連結経常利益は39億9300万円(同22.1%増)、連結当期純利益は9億4100万円(同34.8%増)となった。

 主力事業である吉野家は、売上高が対前年同期比2.5%増の953億1800万円、セグメント利益は同41.3%増の40億6100万円だった。2度の価格改定や「牛すき鍋膳」などの好調な売れ行きが増収増益につながった。吉野家は2014年4月1日に消費税増税および原材料の高騰を理由に商品を値上げ。同年12月には再び値上げに踏み切った。例えば、メイン商品である牛丼並盛の価格(税込)は280円から300円、さらに300円から380円に値上げされている。

 讃岐うどんチェーンのはなまるは、売上高が201億7500万円(対前年同期比6.8%増)、セグメント利益は9億1500万円(同17.8%増)となった。季節ごとの新商品メニューが高評だった。

 ステーキショップなどを運営するどんは、売上高が237億9300万円(同7.4%増)だったが、食材原価の高騰によりセグメント利益は2億8600万円(同31.0%減)に下げた。

 すし専門店を展開する京樽は、売上高が245億3700万円(同3.4%増)、セグメント利益は2億5500万円(同2億3000万円の増益)となった。

 海外事業について、売上高は142億8100万円(同14.5%増)、セグメント利益は6億4600万円(同125.8%増)となった。米国でのクーポンセールが人気だったほか、アジアヨシノヤインターナショナルを設立し、海外主要エリアでの現地経営体制を確立した。

 2016年2月期はグローバル展開を加速する。連結業績予想は、売上高1850億円、営業利益30億円、経常利益34億円、純利益8億円と、増収減益を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -