ニュース
» 2015年04月09日 12時32分 UPDATE

JOYSOUNDがPepper導入――七味カラ助は何をしてくれる?

ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper」が店頭でお出迎え。軽快なダンスの披露も!?

[ITmedia]
JOYSOUND 七味カラ助(出典:JOYSOUND)

 「この曲はどうですか?」――カラオケで次に歌うべき歌をPepperが教えてくれるかもしれない。大手チェーンの「JOYSOUND」が、ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper」を導入し、店舗での接客に活用することが分かった。「七味カラ助」と名付けられたPepperが店舗エントランスで来客をもてなす。

 JOYSOUND直営店を運営するスタンダードの親会社であるエクシングでは、七味カラ助とのコミュニケーションを通じてカラオケを楽しめるアプリを開発。対話を通じて年齢や性別にあわせたオススメ曲を提案したり、カラオケの再生にあわせてダンスを披露するなど、客の待ち時間を盛り上げる。

 まずは、4月16日に開店する「JOYSOUND八丁堀店」のオープニングイベント(4月16〜18日)でお披露目。その後、4月25〜26日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2015」にも登場予定だ。

JOYSOUND JOYSOUND八丁堀店のイメージ。ここで七味カラ助がお出迎え?(出典:JOYSOUND)

 Pepperを接客に使う企業は増えつつある。すでにネスレ日本が家電量販店でコーヒーマシンの販促活動に利用しているほか、みずほ銀行が7月からロビーでの接客やマーケティングに向けて試験導入する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ