ニュース
» 2015年04月03日 16時20分 UPDATE

2015年2月期業績予想を下方修正:ユニー、純利益は24億円の赤字に

ユニーグループが業績予想を大幅に下方修正。2015年2月期通期の純利益は従来予想から78億円もマイナスとなる見通しだ。

[ITmedia]

 ファミリーマートとの経営統合を進める流通大手のユニーグループ・ホールディングスは4月3日、業績予想の下方修正を発表した。昨年9月に公表した2015年2月期通期の連結業績予想に関して、当期純利益を54億円の黒字としていたが、一転、24億円の赤字になる見通しを示した。

 営業収益は従来予想から36億円減の1兆189億円、営業利益は19億円減の202億円、経常利益は11億円減の204億円、当期純利益は78億円の大幅減で24億円の赤字とした。

 総合小売業では、荒利益高未達を経費削減で補てんする見込みだったが、優友(上海)商貿有限公司の営業赤字の影響もあり計画を下回った。また、「サークルKサンクス」のコンビニエンスストア事業でも収入減を経費削減でカバーできなかった。専門店事業も足を引っ張った。

ユニーグループ 2015年2月期通期 連結業績予想数値の修正 ユニーグループ 2015年2月期通期 連結業績予想数値の修正

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -