ニュース
» 2015年04月02日 18時04分 UPDATE

2015年2月期決算:セブン&アイ、営業利益が3433億円超で過去最高

セブン&アイ・ホールディングスが2015年2月期の連結決算を発表。コンビニ事業がけん引し、営業収益、営業利益ともに過去最高を更新した。

[ITmedia]

 流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは4月2日、2015年2月期(2014年3月1日〜2015年2月28日)の連結決算を発表した。営業収益、営業利益ともに過去最高を記録した。

好調続くセブン-イレブン 好調続くセブン-イレブン

 営業収益は前年同期比7.2%増の6兆389億4800万円となった。特にコンビニエンスストア事業の増収と通信販売事業の新規連結が寄与した。コンビニ事業は2兆7277億8000万円(前年同期比7.8%増)。セブン-イレブンのセルフ式ドリップコーヒー「SEVEN CAFE」や新商品のドーナツ「SEVEN CAFE Donut」が好調だったほか、過去最高となる1602店舗を新規出店したことなどで売り上げを伸ばした。通販事業は1858億200万円だった。

 同じく過去最高を更新した営業利益は3433億3100万円(同1.1%増)、経常利益は3414億8400万円(同0.7%増)だった。当期純利益は1729億7900万円(同1.5%減)となった。

 2016年2月期の連結業績予想は、営業収益が6兆4000億円(前年同期比6.0%増)、営業利益3730億円(同8.6%増)、経常利益3680億円(同7.8%増)、当期純利益1930億円(同11.6%増)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集