ニュース
» 2015年04月02日 09時20分 UPDATE

ソニー、オリンパス株の譲渡価格は718億円

成長に向けた投資資金の確保を目的として、2015年度第1四半期において約468億円の譲渡益をその他の収益として計上する。

[ITmedia]

 ソニーは4月1日、同社が保有していたオリンパスの普通株式の一部をJPモルガン証券に譲渡すると発表した。譲渡価額は718億円で、ソニーでは「財務基盤の強化及び成長に向けた投資資金の確保」が目的だという。

 ソニーが所有していたオリンパス株は3448万7900株。このうち1724万3950株を譲渡する。これにより所有割合は10.06%から5.03%となる予定だ。株式譲渡の完了予定日は2015年4月6日。

 同社は、2015年度第1四半期において約468億円の譲渡益をその他の収益として計上する。なお、譲渡後もオリンパスとの業務提携および医療事業合弁会社のソニー・オリンパスメディカルソリューションズを通じた両社の協力関係は継続する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -