連載
» 2015年03月24日 08時10分 UPDATE

窪田順生の時事日想:中国人観光客が「爆買」する日本の炊飯器は何がスゴいのか (1/4)

中国人観光客の爆買によって、日本製の炊飯器が売れている。そんなことを聞くと、「多くの中国人は日本の技術力を高く評価しているんだなあ」と思うかもしれないが、本当にそうなのか。売れている背景を探っていくと……。

[窪田順生,Business Media 誠]

窪田順生氏のプロフィール:

1974年生まれ、学習院大学文学部卒業。在学中から、テレビ情報番組の制作に携わり、『フライデー』の取材記者として3年間活動。その後、朝日新聞、漫画誌編集長、実話紙編集長などを経て、現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌でルポを発表するかたわらで、報道対策アドバイザーとしても活動している。『14階段――検証 新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。近著に『死体の経済学』(小学館101新書)、『スピンドクター “モミ消しのプロ”が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)がある。


 春節(旧正月)で日本に遊びにきた中国人観光客の「爆買」によって炊飯器が飛ぶように売れている。

 ご存じのように、爆買とは中国人たちが潤沢な資金を手元に文字通り爆発的に渡航先でショッピングに興じること。「爆買」は主に銀座などで行われているのだが、免税品やら家電量販店の免税コーナーではもっぱら4万〜7万円という価格帯の高級炊飯器がターゲットになっており、1〜2月は前年同時期の2〜3倍は売れているらしい。

 例えば、パナソニックと東芝ライフスタイルの販売台数は前年の約3倍。象印マホービンも2月20日までの3カ月間の販売台数が前年の2倍超に膨らんだそうで、売れ線は電磁力で釜全体を加熱するIHタイプ。おいしいご飯を炊けるということで話題になっているんだとか。

 そんなことを聞くと、「日本のことをやいのやいの言うけれど、やはり中国の人たちだって日本の技術力を高く評価している」なんて誇らしげに思うかもしれないが、一概にそうとは言いきれない。

 実は日本メーカーの炊飯器というのは中国市場でもごく普通に売られているのだが、そこまでじゃんじゃん売れているとは言い難い状況なのだ。

 現在、中国の炊飯器市場では二極化がすすんでいる。北京商報が伝えたところによると、200〜800人民元(約3800〜1万5000円)の低価格の製品が手堅く売れており、こちらでトップシェアを誇っているのは「美的」というかつて日本の三洋電機と技術提携をしていた中国企業である。一方で外資系を中心に3000人民元(5万7000円)以上の高付加価値製品も好調な売れ行きを見せている。このハイエンドマーケットで、日本製炊飯器もライバルたちに負けじと善戦しているが、パナソニック製炊飯器がシェア50%を誇るインドと比較しても「バカ売れ」というほどでもない。一部から支持されているが、まあまあに売れているという感じだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ