ニュース
» 2015年03月23日 17時45分 UPDATE

GMS事業など不振:イオンが業績予想を修正 2015年2月期純利益は23%減

消費税増税などを煽りを受け、イオンが2015年2月期の業績予想を修正した。純利益は350億円に引き下げた。

[Business Media 誠]
業績の下方修正を発表したイオン(出典:同社サイト) 業績の下方修正を発表したイオン(出典:同社サイト)

 流通大手のイオンは3月23日、2015年2月期(2014年3月1日〜2015年2月28日)の連結業績予想の修正を発表した。純利益を従来予想の480億円から350億円(前期比23.2%減)とした。消費税増税や物価上昇によって消費者の節約志向が高まったことなどが影響した。

 営業利益は、従来の業績予想である2000億〜2100億円から1400億円と、前期比で18.3%減とした。営業収益は7兆円と当初の予想と変更なかった。

 総合スーパー(GMS)事業では、イオンリテールが増税後の価格対策が振るわず、夏場の天候要因などの影響もあり、衣料品、食品を中心に売上高と荒利益高が計画を下回ったほか、ダイエーにおいても売上高、荒利益高が計画を下回った。食品スーパー(SM)、ディスカウントストア(DS)、小型店事業についても、業態を超えた市場競争などの影響で事業全体で営業利益が計画を下回る見通しだという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -