連載
» 2015年03月12日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:賛否両論ある楽天・大久保監督の「デーブ流儀」 (1/4)

東北楽天ゴールデンイーグルスに大久保博元氏が監督に就任した。過去にあったスキャンダルを記憶している人は多く、一部のファンからは反対の声があったが、彼の監督としての手腕はいかほどなのか。スポーツライター・臼北氏によると……。

[臼北信行,Business Media 誠]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


 今年の日本プロ野球には新人監督が5人いる。福岡ソフトバンクホークス・工藤公康監督、広島東洋カープ・緒方孝市監督、埼玉西武ライオンズ・田辺徳雄監督、東京ヤクルトスワローズ・真中満監督、そして東北楽天ゴールデンイーグルス・大久保博元監督だ。

 しかし、この中で「デーブ」こと大久保監督だけは、なぜか地元ファンからの支持率が著しく低い。それもそのはず。昨年のシーズン終了後に大久保監督誕生が秒読み段階に入ると「大久保博元氏の一軍監督就任に反対するファンの会」と名乗る地元組織がネットのキャンペーンサイト上で就任反対の署名集めを開始。目標としていた500名の署名をあっさりと集め、三木谷浩史オーナーと立花陽三球団社長のTwitterアカウントに結果が送られるという事態にまで発展したことがあったからである。

 それにしても一体なぜ、大久保監督はここまで嫌われているのか。実を言えば同監督には西武の打撃コーチ時代(2008年)に知人女性へ暴行騒動を引き起こして書類送検されたり、その後も愛人との間に隠し子がいることや登板日の漏洩疑惑が週刊誌で報じられたりするなどスキャンダルが相次いだ“負の経歴”がある。

 どうやら、こうした過去の醜聞の数々が引き金となって「あんな人にチームを任せたら大変」とファンからのブーイングにつながっている側面もあるようだ。

 あくまでも「疑惑」のままでメディアが一方的に騒ぎ立てて本当に問題を起こしたのか定かではない一件も複数あるのは気がかりだが、こうしたネタを見聞きすればファンとしては確かに余りいいイメージを抱かないかもしれない。

 だが、ちょっと待ってほしい。プロ野球関係者を取材していると「デーブは野球指導者として非常に勤勉な男」「彼ほど勉強している人間は球界にいない」などと大久保監督の手腕を絶賛する声も数多く聞く。

yd_rakuten1.jpg 東北楽天ゴールデンイーグルスの大久保博元監督(右、出典:公式Facebook)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ