連載
» 2015年03月05日 08時26分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:止めることはできなかったのか 女子プロレスで起きた“事件” (1/4)

女子プロレスでぼっ発したケンカマッチが、マット界を揺らしている。王者の世IV虎(よしこ)が激しいパンチを浴びせ、挑戦者の安川惡斗(やすかわあくと)は重傷。プロレスでこうした“事件”がたびたび起きるが、なくすことはできないのだろうか。

[臼北信行,Business Media 誠]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


 女子プロレスでぼっ発した凄惨マッチは日本マット界に大きな爪跡を残した。

 “事件”が発生したのは2月22日に行われた女子プロレス「スターダム」の東京・後楽園ホール大会のメーンカードで組まれた一戦。ワールド・オブ・スターダム選手権試合で王者の世IV虎(よしこ)が試合中に壮絶なケンカマッチを仕掛け、挑戦者の安川惡斗(やすかわあくと)の顔面を著しく変形させるほどの大ケガを負わせた。馬乗り状態からパンチ、掌底(しょうてい)で殴り続けた結果、病院へ直行した安川は頬骨、鼻骨、左眼窩底骨折、両目網膜しんとう症と診断されて緊急入院。粉砕骨折で手術が必要な鼻は1カ月ほど固定の必要があるという。

 ワールド・オブ・スターダム王座の剥奪と無期限出場停止処分を受けた世IV虎が入院中の安川に謝罪し、試合を管轄(かんかつ)したスターダム幹部や関係者の処分も発表されたことで事態は収束の方向へと傾きつつあるが、まだ騒動の完全鎮静化には至っていない。いくらプロレスラーとはいえども女性の顔を“崩壊”させてしまうほどの激しい殴打を浴びせた世IV虎の常軌を逸した行為が、余りにもショッキングな出来事として世の人々の目に映っているからだろう。

 関係者からは「もともと2人の仲は険悪で、世IV虎がグラビア路線でも活躍するなどビジュアル的にも人気の高い安川にジェラシーを抱いていた」との声も聞こえて来ているが、ケンカマッチがぼっ発した真相は当事者たちにしか分からない。特に仕掛けた側の世IV虎がスターダム関係者曰く「心神喪失状態に陥っている」といい、核心部分については今も口をつぐんでいて話せる状態にないことからも、このまま公にされない可能性が極めて高い。

yd_sports1.jpg ワールド・オブ・スターダム選手権試合で王者の世IV虎(右)が、挑戦者の安川惡斗(左)の顔面を著しく変形させるほどの大ケガを負わせた(出典:YouTube)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -