ニュース
» 2015年03月04日 07時30分 UPDATE

石川、富山、新潟、長野はどうなる:北陸新幹線開業直前――沿線の人気スポットはここ (1/2)

3月14日、北陸新幹線が開業する。新幹線の開業で、沿線・駅周辺エリアの人気スポットはどう変化するのか? 動向とその理由を楽天トラベルが調査した。

[渡辺まりか,Business Media 誠]

 2015年3月14日――長野・金沢間を結ぶ「北陸新幹線」が開業する。これまで首都圏から行きづらかった北陸地方へも、容易に足を伸ばせるようになる。

 楽天トラベルはこれを受けて、アンケート調査を行い、「北陸新幹線開業 沿線・駅周辺エリア旅行動向」を2月27日に発表した。

 北陸新幹線が通るのは出発点の長野をはじめとして、新潟県、富山県、石川県の4県。しかしその延長線上にある福井県や、近くの岐阜県にまで新幹線効果が波及しているという結果に。どのエリアで人気が増加したのかチェックしていきたい。

 北陸新幹線沿線・駅周辺エリア旅行動向マップ

 なお、アンケートは全国の楽天リサーチ会員のうち20〜69歳、男女1000人を対象に2015年2月10〜12日の期間で行った。

金沢エリアへの注目度は前年比約2倍――行きづらかったあの場所も人気アップ

 石川県・兼六園

 石川県は同線の終着駅である金沢駅を擁(よう)する県。そして、今回の調査で前年と比較して85%も人気度が高まった県でもある。特に、金沢市内とその周辺エリアの注目度は前年比103.1%増。人気の高い理由は日本三名園の1つ「兼六園」の存在。

 「北陸新幹線沿線付近の観光スポットのうち、新幹線開業後に行ってみたい場所」をたずねたところ、北陸地方を訪れたことの有無にかかわりなく、第1位に挙げられたのが兼六園となった。

 また、加賀温泉エリア(前年比66.9%増)、和倉温泉エリア(同55.2%増)、能登エリア(同52.7%増)も、これまで首都圏からのアクセスが悪かったが、北陸新幹線開業を機に人気が上昇。停車駅ではないが、レンタカーや七尾線観光列車などを利用して足を伸ばしたいと考えている人の多いことがうかがえた。

北陸新幹線沿線エリアの行きたい観光地ランキングTOP5
順位 観光スポット名(県名)
第1位 兼六園(石川県)
第2位 黒部ダム(富山県)
第3位 白川郷合掌造り集落(岐阜県)
第4位 黒部峡トロッコ電車(黒部峡谷鉄道)(富山県)
第5位 善光寺(長野県)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -