ニュース
» 2015年02月19日 14時20分 UPDATE

地ビールもおいしい:2016年日本上陸で話題、米グルメバーガー「シェイク・シャック」ってどんなお店? (1/2)

米国のグルメハンバーガー店「SHAKE SHACK」が、2016年に日本に上陸する。ニューヨークのベストバーガーに何度も選ばれ、現地では行列が絶えないシェイク・シャックとはどんなお店なのか? 詳しく紹介しよう。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 米国・ニューヨーク発の人気ハンバーガー店「SHAKE SHACK(シェイク・シャック)」が、2016年に日本に上陸すると話題だ。日本における店舗展開は、サザビーリーグが独占契約を結んでおり、2016年に東京に1号店をオープン、2020年までに10店舗の展開を計画しているという。

ay_shakeshack01.jpg シェイク・シャックの「シャックバーガー」

 米国で人気のハンバーガーというと、すごく大きくてボリュームがあり、値段も高くて……というものを想像するかもしれないが、シェイク・シャックのハンバーガーはサイズもコンパクト(見た目より食べ応えはあるが)。味付けも素材を生かしたシンプルな味で、日本人の口にはかなり合うはずだ。

 シェイク・シャックとはどのようなお店なのか、実際に店舗に行ったときの写真とともに紹介したい。

ニューヨーク・マディソンスクエアパーク発のグルメハンバーガー店

 シェイク・シャックはもともと、米ニューヨークのマディソンスクエアパークのホットドッグ販売カートとしてスタートした。創業者はユニオンスクエアホスピタリティーグループのCEO、ダニー・マイヤー氏。2004年には同公園に最初の店舗をオープンし、グルメハンバーガー&ホットドッグの店として人気を博した。

 その後、ニューヨークの複数のエリアへ店舗を展開。Zagat NYC「最も人気のあるニューヨークのレストラン」、TIME「歴史上、最も影響のある17のバーガー」、Bon Appetit 誌「アメリカで最も重要なレストランTop 20」など、ニューヨークを代表するハンバーガー店として何度も選出されている。

 現在はラスベガスやシカゴなど米国内のニューヨーク以外の都市にも出店しているほか、ロンドン、イスタンブール、モスクワ、ドバイ、ドーハなど世界で64店を展開している。

ay_shakeshack02.jpg シェイク・シャックはニューヨークの複数のエリアに出店しており、それぞれ地域の雰囲気に合った建物になっている。写真はブルックリン(DOWNTOWN BROOKLYN)店
ay_shakeshack04.jpg 2014年12月にオープンしたばかりのラスベガス店。「ニューヨークニューヨーク」というホテルの一角にある

 ハンバーガーやホットドッグには、健康的に飼育されたアンガスビーフを100%使用。ハンバーガーのパテを2枚に増やすこともできる。ベジタリアン向けに、肉を使わないマッシュルームのバーガーもある。

ay_shakeshack03.jpg 画面右側の2つがハンバーガー。手前はパテを2枚にしたもの。見た目はそれほど大きくないが、肉の味が濃くて食べ応えがある
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -