ニュース
» 2015年02月19日 06時00分 UPDATE

3分で分かるビジネス戦略:「転職市場」は非常に好調――売上増を目指すテンプホールディングス (1/2)

Business Media 誠では注目を集めている企業のビジネス戦略を知るために、連載「3分で分かるビジネス戦略」をスタートしました。今回は「テンプホールディングス」の戦略をご紹介します。

[Business Media 誠]

 Business Media 誠では、売り上げを伸ばしている成長企業や、話題の商品・サービスを提供する企業など、さまざまな業界で注目を集めている会社を中心に、各社のビジネス戦略を知るための連載をスタートしています。7回目は「テンプホールディングス」について。

「転職市場」は非常に好調

――現在の市場環境についてご説明ください。その環境をどのように受け止めていますか。

 業職種問わず、企業の採用意欲が高まっていて、リーマンショック前の求人数を超えました。転職サービス「DODA」に登録する人が増えるなど、ビジネスパーソンの気になる「転職市場」は非常に好調です。

――2015年の企業戦略について聞かせてください。

 グループシナジーの最大化および経営の最適化を図るため、2015年3月期から事業を「派遣」「キャリア」「ITアウトソーシング」など7つのセグメントに再編しました。70社以上の子会社で構成されるテンプグループを、セグメントごとに配置することで、より迅速な意思決定や資源の最適配分を行い、各事業を強化していく方針です。

――直近の決算の数字をどのように受け止めていますか。

 採用需要の活況を受け、第2四半期は全事業で増収となりました。東京オリンピックに向け、2020年までは引き続き、採用ニーズは続くでしょう。好調な市場に油断せず、実直に、企業や個人の方に必要とされる人材サービスは何かを捉え、提供していきたいと思っています。

――御社の強みは。

 業界第2位のポジションとしての情報量。そして、転職の支援からアルバイト・パート、人材派遣と、幅広いサービスラインナップが強みです。人材サービス業界は、広義で言えば情報産業です。良質で豊富な情報を持ち、求職者や企業のニーズに合うかたちに編集し、提供できることが一番の価値と思っています。

――課題は。

 我々にとって一番良いのは需要と供給のバランスが一致している状態ですが、現在は求人に対して、市場の人材は不足している状態です。例えば、Web関連のエンジニア。求める人材の枯渇感が強く、サービスを提供しきれていない状況です。人材の育成や適切なマッチングなどの支援が必要と痛感しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ