調査リポート
» 2015年02月12日 13時00分 UPDATE

お金か時間か:ビジネスパーソンの「趣味」の障壁、年収で違い (1/3)

あなたはどんな趣味を持っていますか? プライベートタイムでは、自分の好きなことに没頭したいもの。しかし「趣味に没頭したい」と思う人は、ライフステージごと、年収ごとに異なる障壁で阻まれてしまうことが、スルガ銀行夢研究所の調査から判明した。

[渡辺まりか,Business Media 誠]

 趣味を楽しみたくてもお金がない。十分な収入が得られるようになったころには時間がない。だけど趣味にはお金を使う、必要ならローンを組む。――そんな実態が、「趣味に関する調査」の結果から明らかになった。

 調査を実施したのはスルガ銀行夢研究所(d-labo)で、期間は2014年12月8日から9日。全国の20代〜40代、500人の男女を対象に、インターネットを通じて行った。

趣味の数や種類と年収との関連は?

 まず、趣味をいくつ持っているか、との問いに対して最も多かったのが「2個」で33.2%。次いで「3個」(21.2%)「1個」(21%)と続く。中には「11個以上」(2.6%)という人も。

 「現在、あなたご自身の趣味はいくつ持っていますか」

 平均で、6個以上の割合は7.8%であったが、年収別に見ると、300万円未満で6%、300万円以上500万円未満が5%、500万円以上700万円未満で4%と減少していくが、1000万円以上になると17%となり、多くの趣味を持つにはかなりのゆとりが必要だということが分かる。

image4.jpgimage3.jpg 年収別に見た趣味の数。300万円未満(左)。300〜500万円未満(右)
image5.jpgimage6.jpg 年収別に見た趣味の数。500〜700万円未満(左)。1000万円以上(右)

年収の高い人のほうがアクティブ?

 趣味の種類を年収別に見ていくと、年収300万円未満で最も多かったのが読書で30%。次いで映画鑑賞・DVD鑑賞が29%、ゲーム19%と、安価に始められて長く楽しめる、インドアなものが多い傾向が見られた。

 他方、1000万円以上では、最も多かったのが旅行・観光で35%、次いで読書32%、映画鑑賞・DVD鑑賞27%であったが、300万円未満では皆無だったロードバイクやダイビング、サーフィンを挙げた人がそれぞれ7%、8%、4%、さらに300万円未満で1%だったゴルフについては15%となった。趣味の幅が広がっているだけでなく、お金のかかるアウトドアでの趣味も楽しんでいることが分かる。

 「現在、夢中になっている趣味は?」に対する年収300万円未満のグループの回答
 「現在、夢中になっている趣味は?」に対する年収1000万円以上のグループの回答
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -