ニュース
» 2015年02月03日 14時21分 UPDATE

エースコック、“塩分30%カットでもおいしい”「かるしお認定 だしの旨みで減塩シリーズ」 (2/2)

[渡辺まりか,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

塩味ではなくだしの旨みでおいしさを

 エースコック 梅本加恵氏

 かるしお認定製品ができるまでの経緯を説明したのは、エースコック 商品開発グループの梅本加恵氏。

 同氏によれば、これまでも健康志向の顧客ニーズに応えるべく、食物繊維や野菜をたくさん食べられる「わかめラーメン」「どっさり野菜シリーズ」、また低カロリーでも満腹感の得られる「はるさめヌードルシリーズ」「スープはるさめシリーズ」を展開してきた。


 次の健康価値として「減塩」に注目し、「だしの旨みで減塩シリーズ」を2013年に発売。国循の「かるしお認定基準」が2014年11月14日にできたことを知り、せっかく減塩食の開発をしているのだから、健康に良い食品として消費者にもっとアピールしたいとのことで、今回の認定を受けるに至ったと説明した。

 最も苦労したのはおいしく満足感を得られる味にすることで、「塩味はおいしさの決め手でもあるため、その塩分が少ないと、『味が薄くて物足りない』『おいしくない』と感じがち。塩分が少ないからこそ、柚子胡椒を使うなど香辛料や素材に工夫をこらし、だしの旨みも感じられ食欲を増す味付けにできた」(梅本氏)。

 そのかいあって、国循のかるしお認定基準を満たすことに成功したと、笑顔で語っていた。

 塩分を控えめにし、だしや香辛料、素材で味わい深くしたことを強調
 一般的なカップめんに比べて塩分は3割減

 発表会の後、小海老天そばを試食できた。はじめの一口、二口は「味が薄いかな」と思ったものの、食べ終わるころにはスープ全体に溶け出している、小エビやだしのうまみのおかげで物足りなさを感じることなく、「食べた!」という満足感が得られ、“最もおいしい病院食”を提供している国循のお墨付きだけある味わいだと感じた。

mwkaru013.jpgmwkaru001.jpg ボリューム感のある中身(写真=左)。エビからも味がしみ出ていた(写真=右)
 エースコック 村岡寛氏

 商品発表会では、合わせてコーポレートマークの変更についても発表。同社代表取締役社長・村岡寛氏が、「高齢化社会は日本だけの問題ではなく、今後は世界全体の課題になってくる。そのため、これを機にコーポレートマークを今までのカタカナから『ACECOOK』に変更。食を通じて幸せになってもらいたい、との願いも込めて『Cook hapiness』をスローガンに掲げ、今後も顧客ニーズに合った製品を作っていきたい」と述べた。

関連キーワード

ラーメン | 発表会 | 血圧 | 生活習慣病 | 商品開発


前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ