調査リポート
» 2015年02月02日 12時47分 UPDATE

転職成功者の平均年齢は32.0歳、過去最高を更新

転職にした成功した人の平均年齢は、7年ほど前からジワジワと上昇していて、直近の数字(2014年下期)をみると過去最高の32.0歳に。転職サービス「DODA」の調べで分かった。

[Business Media 誠]

 転職にした成功した人の平均年齢は、7年ほど前からジワジワと上昇していて、直近の数字(2014年下期)をみると過去最高の32.0歳に。転職サービス「DODA」を利用して転職した人(約7万8000人)の年齢割合をみると、「24歳以下」は−0.2%、「25〜29歳」は−1.5%、「30〜34歳」は−0.1%と減少している一方で、「35〜39歳」は+0.9%、「40歳以上」は+1.0%と、35歳以上のミドル層の割合が上昇している。

yd_work1.jpg 転職成功者の平均年齢(出典:DODA)

 調査開始の2007年下期と比べると、「24歳以下」は11.5%から6.6%に減ったのに対して、「35歳〜39歳」は8.0%から14.8%に、「40歳以上」は2.5%から12.2%に増え、この7年半の間で、若手層とミドル層の割合が逆転していることが分かった。

 このデータをみると「ミドル層が増えて、若手層が減っているのかなあ」と感じるかもしれないが、若手層もミドル層も2009年下期以降、増加傾向が続いている。特に「40歳以上」は、2007年下期時点から5.4倍に増加。「求人数の増加に伴い、ビジネスパーソンが年代を問わず、転職マーケットに活発に参入している状況と言える」(DODA)

yd_work2.jpg 転職成功者の年齢割合(出典:DODA)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集