ニュース
» 2015年01月27日 16時57分 UPDATE

アジアでは日本が初:8年ぶりの新商品は“緑のコーラ”、ターゲットは? (1/2)

日本コカ・コーラは3月9日に、新商品「コカ・コーラ ライフ」を発売する。「コカ・コーラ zero」以来8年ぶりの新商品となるが、どんな層を狙っていくのだろうか。

[ふじいりょう,Business Media 誠]
yd_coke1.jpg 新商品「コカ・コーラ ライフ」を発売する

 日本コカ・コーラは1月27日、ブランド戦略発表会を都内で開き、新商品「コカ・コーラ ライフ」を3月9日から日本で発売することを発表した。希望小売価格は1.5リットルのペットボトルが320円、500ミリリットルが140円、300ミリリットルが115円(いずれも税別)となっている。

 また、独自の形状をした“コンツアーボトル”導入から100周年を記念したキャンペーンやWebサイトでオリジナルポスターが作れるデジタルコンテンツ“Coke&Me”を展開していく。

 2007年に日本で発売された「コカ・コーラ zero」以来8年ぶりの新商品となる「コカ・コーラ ライフ」は、2014年9月に英国で発売。既に米国、フランス、スウェーデン、アルゼンチン、メキシコなどで発売されているが、アジアでは日本が初となる。

 糖分・保存料・合成香料なしのzeroに対して、ライフは砂糖と植物由来のステビアを使用し、100ミリリットル当たり19キロカロリーに抑えることを実現。「コカ・コーラ」独特の甘みを保ちつつローカロリーなのが特徴で、35歳以上の層や健康志向の女性といったこれまで炭酸飲料を飲んでこなかった消費者への訴求を図っていくという。

 日本コカ・コーラのティム・ブレット社長は、ライフ投入にあたって「日本でのzeroの売り上げ」に着目した。世界で同商品の売り上げが高い日本は、消費者の健康志向が高いのではないか。そこでカロリーを抑えたライフの発売に踏み切った。また、3つのラインナップをそろえたことで「消費者のいろいろなニーズを満たすことができると確信している。炭酸飲料全体の市場拡大に貢献できる」と自信を見せた。

 戦略発表会では、1886年のジョージア州アトランタでの誕生から、1915年に暗やみでも触って分かるコンツアーボトルの採用といった歴史も振り返った。第二次大戦後の1949年には日本でもボトルの生産が開始されてから「日本で最も愛されている炭酸飲料。さまざまなイノベーションや広告展開がされてきているが、ボトルの形は変わっていない」(ブレット社長)ことを強調した。

yd_coke2.jpg トレス統括部長(左)とブレット社長(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -