連載
» 2015年01月19日 09時38分 UPDATE

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:人手不足が深刻化――忙しすぎる企業が、今現場で打てる手は何? (1/2)

コンビニや牛丼チェーンの人手不足がニュースになる昨今。しかし「働く人がいない」という悩みは一般企業も同じです。一方で「働きたいけど条件が合わない」人も一定数います。両者をマッチングし、人手不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

[サカタカツミ,Business Media 誠]

 先日、ある会議をしていたときのことです。担当者の一人から「兼務がさらに一つ増えることになりまして……今まで以上にご迷惑をかけるかもしれません」というあいさつを受けました。

 今に始まったことではありませんが、いろいろな業務を一人で背負ってしまっているビジネスパーソンは、少なくないと思います。「仕事は忙しい人に任せたほうが上手くいく」とはよく言われることですが、それにも限界がありますし、最近ではその流れにも変化が訪れています。

 ということで今回は、忙しくなりすぎているビジネス社会に対応するための、次世代の“会社のオキテ”を少しだけ。

もう、人が採れなくなっている

 実は現代の日本では、「人を採用する」ということそのものが、マクロ的な視点に立つと、とても難しい時代になっています。

 総務省統計局が毎月発表している「労働力調査」を見ると一目瞭然。2014年11月分の速報によれば、雇用者数は5637万人。前年同月に比べて18万人も増加しています。一方、完全失業者数は219万人。前年同月に比べて30万人減、そして、54か月連続の減少となっています。220万人近くも失業している人がいるじゃないか、という声が聞こえてきそうですが、一方で労働力として見込める人数が、もうそのくらいしか残っていないともいえる。

ay_sakata01.png 総務省統計局「労働力調査」2014年11月速報。雇用者数は増え、失業者数は減っている

 ミクロレベルの視点に戻すと、冒頭で紹介したエピソードには続きがあります。なぜ兼務が増えてしまうのかという話になり、「人が採れない。少なくとも、仕事を任せられる人が採用できない」という、いま広く言われている悩みに加え、まったく別の悩みにも直面していると教えてくれました。

 「『作業』とでも表現すればいいのでしょうか。アシスタント的な動きをしてくれる人もいないので困っています。雑務もすべて自分でしなければならないので、時間がいくらあっても足りない。ただ、そういう人は正社員で雇うことに組織としては抵抗があるらしく、結果的に派遣で、という話になります。けれども、その派遣社員の方でさえ、もはや確保するのが難しい」

一方、働きたいと思っている人は余っている

ay_sakata02.jpg 「子育てをしているので、フルタイムで働くことは難しい。しかし能力はある」という人材は、なかなか希望通りの職に就けないのが現実

 ということで、「仕事をしてほしい、人を採用したい」と思っていて、企業がその費用も割いているにもかかわらず、実際には人手不足で、働く人の多くが疲弊した状態が続いているという現場は少なくないようす。しかしその一方で、別の場所では「人が余っています」、少なくとも「働きたいと思っているのだが、働けない人がいる」という声も聞こえてきます。

 「例えば、『子育てをしているので、フルタイムで働くことは難しい。けれども、少しの時間なら融通できるから、自分の能力を生かして働きたい』という主婦は少なくありません。しかし、そういうパートタイムで働ける仕事は限られています。職場でのアシスタント的な業務であっても、その仕事を細分化して、役割を決めて、稼働時間の調整をすれば、十分、主婦の方にも働いてもらえるチャンスはあるはずなのに、です」

 従来、雇用の需給のバランスにおいて大きな課題となっていたのは、「やりたい仕事がない、就きたい仕事ではない」というミスマッチでした。もしくは「この程度の報酬では仕事ができない」「この仕事にはこの程度のギャラしか払うことができない」という、金銭面でのミスマッチ。しかしそのどちらでもない、とはいえ大きく見ると「条件のミスマッチ」が、働きたい人が働けない、働いてほしい現場に人が来ない、というミスマッチを引き起こしているのです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ