調査リポート
» 2015年01月15日 23時59分 UPDATE

その不動産、生かしてますか:経営者の3割は「自社の不動産を知らない」 (1/3)

三菱地所リアルエステートサービスが行った「経営層と企業不動産に関する調査」によると、経営者層の3割が自社で企業不動産を所有しているかどうかを知らず、約7割が企業不動産戦略が経営戦略に生かせることを把握していない。

[渡辺まりか,Business Media 誠]

 三菱地所リアルエステートサービスは2014年9月13日から15日にかけて「経営層と企業不動産に関する調査」を行った。対象は従業員規模が100人以上の企業の会社経営者、役員以上の役職者300人で、調査方法はインターネットによる。

ないはずがない自社「企業不動産」が「ない」または「分からない」が3割

 まず、「管理・所有している企業不動産の有無」についてたずねたところ、約3人に1人が「ない」または「分からない」と回答。企業不動産にはオフィスや支社も含まれるが、経営層の多くにその認識がなく、企業不動産に対する理解が浅いことが判明した。

 「自社で管理・所有している企業不動産の有無について」

「重複拠点等余剰資産」について知らないのは42%

 先の質問で「ある」と回答した211人を対象にした「自社で管理する企業不動産について把握している情報」についての質問では、物件の所在地については8割近くが「ほぼ全部の物件について知っている」と回答したが、「ほとんど知らない」「半分程度は知っている」が2割以上にのぼった。また、重複拠点等余剰資産については「ほとんど知らない」という回答が4割以上になり、企業不動産の把握レベルが低いことが分かった。

 「自社が管理する不動産について、把握している情報」
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -