連載
» 2015年01月15日 08時00分 UPDATE

赤坂8丁目発 スポーツ246:誰が“トク”をしたのか? 鳥谷と中島が日本でプレーすることの怪 (1/4)

メジャーリーグへの挑戦を公言していた鳥谷選手が、阪神に残留することが決まった。「日本より条件が悪くてもメジャーに行く」と言っていたのに、なぜ日本でプレーする道を選んだのか。

[臼北信行,Business Media 誠]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


yd_toritani1.jpg メジャーリーグ挑戦を断念し、阪神タイガースへの残留が決まった鳥谷敬選手(出典:鳥谷選手のFacebook)

 意外な決断だった。そう思ったのは、きっと私だけではあるまい。熱望していたメジャーリーグ挑戦を断念し、一転して阪神タイガースへの残留が決まった鳥谷敬内野手のことである(関連記事)。海外FA(フリーエージェント)権を行使し、昨年11月26日にはベストナイン表彰式の席上で「(阪神から)何を言われても気持ちが変わることはない」と公言していながらも、年またぎで悩みぬいた末に夢をあきらめた。

 一部報道では獲得に強い興味を示していたトロント・ブルージェイズからメジャー契約の正式オファーが届いたとされていたが、実際のところは交渉こそしていたものの条件面で折り合いが付かず着地点が見えないまま難航していたようだ。残留要請を出していた阪神にとっては万々歳で、さぞかし虎党も朗報を聞いてビールがうまかったに違いない。

 阪神は鳥谷と5年20億円とも言われる超大型契約を締結する見込みで、破格の契約内容になるという。しかし、どうも腑(ふ)に落ちない。鳥谷が周囲に「日本より条件が悪くてもメジャーに行く」と口にしていたという話は今でも各方面から耳にする。裸一貫になって夢を追う姿勢を見せていたにも関わらず、条件面と古巣へのチーム愛だけで阪神残留を決めたとは考えにくい。

 その「?」の中で重要人物として浮上してくるのが、鳥谷と代理人契約を結んだスコット・ボラス氏である。

 多くの有名メジャーリーガーをクライアントに抱えている敏腕代理人だが、海の向こうで交渉相手の球団幹部たちから付けられている陰のニックネームは「バンパイア(吸血鬼)」。高額な契約を是が非でも勝ち取ろうとする強気な交渉術に相手球団から嫌悪感を抱かれるケースも少なくない。

 中でも特にブルージェイズはボラス氏と以前から決して良好な関係ではなく、それを象徴するように近年は同氏の顧客選手と1人も所属契約を結んでいなかった。つまり微妙な関係にあったブルージェイズとボラス氏が今オフ、鳥谷を巡って同じ交渉のテーブルに着いていたということになる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集