連載
» 2014年12月12日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:魅力いっぱい、だけど認知度低すぎ? 「伊予灘ものがたり」に乗って分かったこと (1/4)

年初に「2014年の鉄道旅は四国だ」と書いたけど、いまひとつ盛り上がりに欠けた。そこでJR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」に乗ってみた。予測した通り満足度の高い旅だった。ただし、回遊性と発信力についてはさらなる努力が必要と感じた。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』、『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。 日本全国列車旅、達人のとっておき33選』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP


 2014年の私のおすすめ鉄道旅は、「四国と東北」だった(関連記事)

 東北の期待要素は「三陸鉄道全線開業(4月)」「SL銀河運行開始(4月)」であった。2013年にはレストラン列車「TOHOKU EMOTION(東北エモーション)」が話題となって下地を作っていた。結果として三陸鉄道が21年ぶり上半期黒字、通年でも2年ぶり黒字となった(関連記事)。もちろん、2013年に放送されて大ヒットとなったNHKの朝ドラ「あまちゃん」効果も残っていただろうけれど、良いニュースがたびたび報じられた。

 それに比べると、四国はいまひとつ盛り上がらなかったように思う。四国の期待要素は新しい観光列車「伊予灘ものがたり」と、日本一遅い新幹線「鉄道ホビートレイン」、新型特急列車8600系だ。ドラマのタイアップはなかったけれど、日本最古の歴史を持つ周遊旅「四国八十八カ所霊場開創1200年」があった。これは2013年の伊勢神宮の式年遷宮、出雲大社の平成の大遷宮に続くパワースポット巡礼で、大きな旅行需要喚起となりそうだった。どれも魅力的だけど、12月を迎えて、私の見聞きする範囲では話題にならなかった。

 私の予測は甘かっただろうか。なんとなく悔しいし、流行るといった手前、自分で行かないとは面目ない。そこで11月下旬、JR四国を旅してみた。自腹である。お金を払った客として率直に書かせていただく(嫌な客だなあ)。

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」 JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」
鉄道ホビートレイン 鉄道ホビートレイン
新型特急電車8600系 新型特急電車8600系
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -