コラム
» 2014年12月12日 06時00分 UPDATE

ムダ遣い防止:コンビニでのムダ遣いを防止する方法3つ

あなたは、毎月コンビニでいくらお金を使っていますか? コンビニに行くと、ついつい余計なものまで買ってしまいがち。今回は、コンビニでのムダ遣いを防止する方法を紹介します。

[吉見夏実,マネーの達人]
マネーの達人

 あなたは、毎月コンビニでどれぐらいのお金を使っていますか? 考えても、思い出せない人の方が多いのではないでしょうか。

 コンビニにはありとあらゆる商品が置かれていて本当に便利。お弁当やおにぎりなどの食事やお菓子、雑誌、漫画、洗剤などの生活用品など。でも、コンビニに行くと必要なものだけでなく、よく考えてみれば買わなくてもよかったようなものまでうっかり買ってしまうものです。

 コンビニでのムダ遣いをやめれば、1カ月に数千円、人によっては1万円以上の節約になる可能性もあります。今回は、コンビニでのムダ遣いを防止するための対策を紹介します。

1カ月の「コンビニ予算」を設定する

 コンビニに行く習慣がある人は、コンビニ用の予算を組むのがおすすめです。まずは、自分がどのような用途でコンビニを利用しているかを考えてみましょう。

 例えば、平日の昼食や購読している雑誌、タバコなど、コンビニに行く目的は人によってさまざまです。

 コンビニでムダ遣いをしてしまうのは、この目的以外のものを買ってしまうからです。自分の利用目的に合わせて予算を組めば、それ以外のことに使うお金をなくすことができます。

 ただ、「週末はご褒美としてスイーツを買いたい」など、多少の贅沢はOKにしましょう。そのため、2000〜3000円のゆとりを持たせて予算を組むのがおすすめです。

ks_convini.jpg (写真と本文は関係ありません)

チャージ式の「プリペイドカード」を利用する

 予算を決めたら、その金額をプリペイドカードにチャージします。プリペイドカードを利用することによって、お金の使いすぎを防ぐことができます。

 チャージして使えるプリペイドカードにはいろいろな種類があります。au WALLETや楽天Edyなど、ポイントが貯まるものを選ぶと節約だけでなくポイントも貯まって一石二鳥です。

チャージは月に1回

 財布にお金が入っていると、つい使ってしまいがちです。

 プリペイドカードも、まとめてチャージするとつい使いすぎてしまいますから、「チャージは月に1回」と決めて、それ以上お金を使わないように、上手にやりくりしながらコンビニでの買い物を楽しみましょう。(吉見夏実)

 →マネーの達人編集部 バックナンバー

banner

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集