調査リポート
» 2014年12月02日 15時33分 UPDATE

98.6%が「歩きスマホは危ない」……しかし、73.1%が経験あり

「歩きスマホは危ない」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。スマホを所有している人に聞いたところ、ほぼ全員が「危ないと思う」と回答した。MMD研究所調べ。

[Business Media 誠]

 スマートフォンを見つめながら歩く……いわゆる“歩きスマホ”が原因でさまざまなトラブルが起きているが、この問題についてどのように考えている人が多いのだろうか。スマホを所有している人に「歩きスマホ」の危険性について聞いたところ、98.6%が「危ないと思う(ややを含む)」と回答していることが、MMD研究所の調査で分かった。

 ほぼ全員が「歩きスマホは危ない」と感じているが、歩きスマホをしている人はどのくらいいるのだろうか。「日常的に操作している」(7.3%)、「時々操作している」(28.5%)、「ほとんど操作しない」(37.5%)を合わせると、73.1%が「歩きスマホ」をしたことがあり、そのうち35.8%が「歩きスマホ」をしていることがうかがえた。

yd_mmd1.jpg 歩きスマホについて(出典:MMD研究所)

「規制や罰則が必要だ」という人は58.2%

 歩きスマホをしていて、ぶつかったまたはケガをしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。歩きスマホをしたことがある人に聞いたところ、17.5%が「ぶつかったまたはケガをしたことがある」と回答。ぶつかったまたはケガをしたことがある人に、どんな経験をしたのかと尋ねると「人にぶつかった」(66.3%)、「モノにぶつかった」(59.0%)という答えが多かった。

 歩きスマホをすることに対して、どのように考えているのだろうか。全員に聞いたところ「規制や罰則が必要だ」という人は58.2%、「必要はないと思う」は19.6%だった。

yd_mmd2.jpg 歩きスマホをしている人への規制や罰則の必要性(出典:MMD研究所)

 インターネットによる調査で、スマホを所有している20歳以上の男女648人が回答した。調査期間は11月19日から20日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -