ニュース
» 2014年11月26日 12時35分 UPDATE

季節要因や慢性的な人手不足で:都市圏のアルバイト時給上昇、過去最高の961円に

2006年からリクルートジョブズが行っている調査において、大都市圏のアルバイト・パートの平均時給が過去最高を記録した。

[伏見学,Business Media 誠]

 首都圏、東海、関西の3大都市圏におけるアルバイト・パートの平均時給が2006年以降で過去最高を記録した。人材サービスのリクルートジョブズがこのほど発表した。

事務系などの時給が上昇(写真はイメージです) 事務系などの時給が上昇(写真はイメージです)

 同社は2006年1月から毎月「アルバイト・パート募集時平均時給調査」を実施。同社が運営する求人情報メディア「TOWNWORK」「TOWNWORK社員」「fromA navi」に掲載された求人情報から集計している。2014年10月度の調査結果によると、3大都市圏の平均時給は前月比で0.5%増、前年同月比で0.8%増の961円となった。事務系(前月比0.7%増)やフード系(同0.6%増)、販売・サービス系(同0.5%増)などがけん引した。

 エリア別に見ると、首都圏の平均時給は前月比0.5%増の998円、東海は同0.6%増の905円、関西は同0.4%増の924円とすべてのエリアで時給が増えた。

 時給が上昇した理由について、同社広報は「慢性的な人手不足と季節要因」と述べている。季節要因については、例年同じ傾向が見られるそうだ。業種を問わず各社で年末調整が入るほか、例えば、居酒屋では忘年会や新年会で繁忙期になること、運送および物流会社でも年末年始にかけて扱う荷物量が増えることなどから、時給を高くして人手を確保したいのだという。

 そのほか、フード系の時給上昇に関しては、ショッピングモールに入居する店舗が、アパレルなど他の業種の店舗と同じ水準にするために時給を上げていることも要因だとした。

3大都市圏(首都圏・東海・関西)全体 平均時給推移 直近36カ月の動向(出典:リクルートジョブズ) 3大都市圏(首都圏・東海・関西)全体 平均時給推移 直近36カ月の動向(出典:リクルートジョブズ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ