連載
» 2014年11月21日 05時00分 UPDATE

なぜ、あなたの言葉は伝わらないのか?:「信頼されている」ことを知るには? (1/5)

ビジネスとは、商品やサービスの販売を通してお客さまとの関係を築くこと。お客さまの信頼を勝ち取るのは最優先課題といってもいいですが、これが難しい。「信頼されている」ことを知るには、どうすればいいでしょうか?

[黒川裕一,Business Media 誠]

集中連載「なぜ、あなたの言葉は伝わらないのか?」について

ks_kotoba_book190.png

本連載は黒川裕一著、書籍『人を動かす言葉の技術』(中経出版)から一部抜粋、編集しています。

上司に提案をしても通らず、後輩に何を言っても気の抜けた返事ばかり。努力のわりに、相手が動かない――、そんなことはありませんか?

相手が動かないのは、やる気がないわけでも、あなたのことが嫌いなわけでもありません。言葉には「相手が動く言葉」と「動かない言葉」があるのです。

今日からは、「これ、分かった?」ではなく「これ、次は1人でできる?」と言いましょう。自分の考えを100%伝えきる「アクション言語」が身につく1冊です。


「がんばって見積もり出したのに、“もっと安くなりませんか?”って言われた、だと? おまえはそもそもお客さまから信頼されてないんだよ」

 ビジネスとは、商品やサービスの販売を通してお客さまとの関係を築く営み。お客さまの信頼を勝ち取るのは、最優先課題といってもいいでしょう。ところが、これが難しい。仕事をやったことがある人は、誰でもそれを知っています。

 「オレ(私)って、信頼されてないな……」

 お客さまや上司・同僚・部下との関係で壁にぶつかり、こんな気持ちになったことがない人など、ひとりもいないのではないでしょうか。

 こんなとき、上司に「信頼を勝ち取ってこい」と命じられたり、何か問題が起きたときに「おまえは信頼されていないんだ」と叱られたりしても、具体的にどうすればいいかはまったく見えてきません。「じゃあ、どうすればいいんですか?」という言葉が頭の中をぐるぐると回ります。「だったら、自分でやって見せてくださいよ」と言いたくもなります。

 ここでも、命令文にしてチェックしてみましょう。

ks_3seconds02.jpg

 このストレスの一番の原因も、上司の上からものを言う態度にあるわけではありません。「信頼」という言葉が、あまりにもふわふわとしすぎているのです。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集