連載
» 2014年11月13日 08時00分 UPDATE

新連載・赤坂8丁目発 スポーツ246:それでも「メジャー」に挑戦する――阪神・鳥谷の人間性 (1/4)

阪神タイガースの鳥谷敬内野手が今オフにFA権を行使して、大リーグに挑戦する意向を示した。“虎の生え抜き”としてチームの屋台骨を支え続けてきたが、打者として個人タイトルは手にしてない。そんな彼が、なぜ海を渡ろうとしているのか。

[臼北信行,Business Media 誠]

臼北信行(うすきた・のぶゆき)氏のプロフィール:

 国内プロ野球、メジャーリーグを中心に取材活動を続けているスポーツライター。セ・パ各12球団の主力選手や米国で活躍するメジャーリーガーにこれまで何度も「体当たり」でコメントを引き出し、独自ネタを収集することをモットーとしている。

 野球以外にもサッカーや格闘技、アマチュアスポーツを含めさまざまなジャンルのスポーツ取材歴があり、WBC(2006年第1回から2013年第3回まで全大会)やサッカーW杯(1998年・フランス、2002年・日韓共催、2006年・ドイツ)、五輪(2004年アテネ、2008年北京)など数々の国際大会の取材現場へも頻繁に足を運んでいる。


 阪神タイガースに激震が走っている。主力の鳥谷敬内野手が今オフに海外フリーエージェント(FA)権を行使し、米メジャーリーグへ挑戦する意向を球団側に伝えたからだ。

 「寝耳に水」とまではいかないが、実のところ阪神側には今オフの鳥谷についてメジャー挑戦の希望があることは知りつつも「悩みながらも、なんだかんだ言ってきっと残ってくれるだろう」と楽観視しているフシがあった。だから和田監督からは「鳥谷中心のチームづくりをしてきた。鳥谷がいないチームは考えられない」と嘆き節が飛び出すなど多くの阪神関係者が頭を抱え込んでいるのだ。

 早稲田大学野球部時代に三冠王を達成するなど数々の輝かしい経歴を引っ下げた鳥谷は、2003年のドラフト自由獲得枠の逆指名で阪神に入団。以来、ここまで11年間に渡り“虎の生え抜き”としてチームの屋台骨を支え続けてきた。

 打者としては個人タイトルこそ無縁だが、ほぼ毎年のようにハイアベレージを記録し、今季は自己最高となる打率3割1分3厘をマーク。何といっても特筆すべきは2004年9月9日のヤクルト戦からの連続試合出場記録(1466試合=歴代3位)と、さらに遊撃手としてプロ野球最長の連続試合フルイニング出場記録(432試合)を2つ同時に今も更新し続けていることである。

 攻守の両面で優れた能力を持つタフネス・ヒットメーカー。そんなタテジマの背番号1は、まず間違いなくタイガースの功労者であるはずなのだが、ここまでなぜかあまり脚光を浴びてこなかった。メディアに対して積極的にコメントをするタイプではなく、なるべく自己アピールをしないで周りの人たちをできる限り盛り立てる。こうした慎ましいまでの謙虚な性格が、鳥谷の露出を減らす要因につながっていたようだ。

 さらに言えば、その欲を見せない姿勢によって自身のメジャー挑戦への“本気度”が隠され続け、球団側や和田監督ら現場サイドからもなかなか本心を見抜かれなかったのかもしれない。

yd_toritani1.jpg 鳥谷選手の特筆すべき点は連続試合出場記録だ(出典:鳥谷敬 オフィシャルブログ 「THE 1 AND ONLY BASEBALL PLAYER」)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集