ニュース
» 2014年11月10日 05時00分 UPDATE

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:もしかしたら、あなたは「厄介な部下」である可能性が高い? (1/3)

企業の管理職から「マネジメントしづらい部下」について相談を受けることがよくあるというサカタさん。話を聞くとそういった部下にはいくつかのパターンがあるそう。今回は3つの典型例を紹介します。あなたは大丈夫ですか?

[サカタカツミ,Business Media 誠]

著者プロフィール:サカタカツミ

 クリエイティブディレクター。就活や転職関連のサービスをプロデュースしたり、このような連載をしていたりする関係で、そちら方面のプロフェッショナルと思われがちだが、実は事業そのものやサービス、マーケティング、コミュニケーションの仕組みなどを開発するのが本来の仕事。

 直近でプロデュースしたサイトは「CodeIQ」「MakersHub」。著書に『こんなことは誰でも知っている! 会社のオキテ』『就職のオキテ』。この連載についても、個人的に書いているブログでサブノート的なエントリーを書く予定。Twitterアカウントは@KatsumiSakata


 ときどき、企業の管理職に就いている人から「部下について相談にのってほしい」と言われることがあります。話を聞いていると“マネジメントがしにくい部下”について、その対処法を知りたいというケースがほとんど。みなさん、苦労されている様子がうかがえます。いまこの記事をPCやスマホの画面を見て「その通りだ」とうなずいている中間管理職の読者もいるのではないでしょうか。

 「上司が悩んでいる、部下についての困りごと」をいろいろ耳にしているうち、これがいくつかのパターンに分けられることに、私は気が付きました。そこで今週は、マネジメントがやりにくいと上司が感じる部下の典型例を、3つほど紹介したいと思います。もしかしたらあなたも、上司にとって厄介な部下になっているかもしれませんよ?

見た目と違う部下は、意外とマネジメントしにくい

 まずは「見た目の印象と中身が違う部下」から。

ay_sakata01.jpg 見た目の印象と中身にギャップがありすぎる部下は、上司から見てやりづらい(写真はイメージです)

 例えば、見た目がふんわりとして可愛らしい印象の部下が、実は毒舌でふんわりどころか発言がいちいち厳しすぎる、といった場合に、上司は「やりにくい」と感じてしまう。逆に、見た目がいかつい感じの部下が、実は優しい振る舞いをしても、戸惑ってしまうそうです。これを読んで「そんなもの、自分の印象で相手を勝手にイメージして、やりにくいと感じるなんて変だよ」というお叱りの声が、画面の向こうから聞こえてきそうです。

 まったくその通りです。しかし、上司だって人間です。外見にだまされて……とまではいわないまでも、第一印象に引きずられてはいけないと頭では分かっていても、実際には、やはり違和感が消えない。どうしても印象とのギャップが埋まらないのです。書きにくい話ですが、男女の差もこの場合あるようです。

 長い時間をかけ、人間関係を構築して、外見にだまされることなく、その性質や仕事の出来だけを評価し、マネジメントしてもらえるようになればいいのですが、人の頭の中は、そう簡単には切り替わらない。違和感が消えるころには、直接の上司部下の関係ではなくなっている、というケースも多い。勝手にレッテルを貼られている部下にしてみれば、とんだとばっちりですが、上司は上司で「どうしたらこの違和感が消えるのか」と、悩んではいるのです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -