ニュース
» 2014年11月07日 08時00分 UPDATE

ライフネット岩瀬大輔氏 × クラウドワークス吉田浩一郎氏:フリーランスが抱える不安とは? お金にまつわるセーフティーネットを考える (1/4)

正規雇用者と違い、安定した収入も、企業からの保護もないフリーランス。21世紀の新しい働き方をしている彼らが抱える不安と、解消したくてもできないその実情についてクラウドワークスCEO・吉田氏とライフネット生命保険COO・岩瀬氏が語り合った。

[渡辺まりか,Business Media 誠]

 企業とフリーランスのマッチングサービスを提供するクラウドワークスの吉田浩一郎社長兼CEOと、ライフネット生命保険の岩瀬大輔社長兼COOによる対談セミナー「21世紀の新しい働き方、保険について考えよう」が東京・渋谷で開かれた。

 フリーランスとして働く際に抱える不安と、いざ働けなくなった場合に自分を守るセーフティーネット、そしてクラウドワークスが考える自助努力について両氏が意見を交わした。その模様を詳しくお伝えする。

企業とフリーランスをマッチングさせるだけでは不十分

 吉田浩一郎社長兼CEO

吉田: 20世紀には、紙が主流だったため、必要な情報はいわゆる「中央」に集約されてしまい、個人に到達するまで時間がかかったり、ひどい場合には届かないこともありました。でも、インターネット時代になってから、個人でも簡単に情報を入手できるようになり、これまでの「情報弱者」ではなくなってきました。企業や国家と同じような速度で情報を手に入れられるようになったのです。

 また情報を収集するだけではなく、SNSの普及により、個人でも情報の発信ができるようになってきました。例えば、地域に掲載されている看板やポスターを写真に撮ってアップロードするだけで、「ここの地域では、今度こういうことをするようだ」という情報を世界に向けて発信できるのです。

 そのように情報の流れに変化がある中で、自分のスキルをインターネットで企業にダイレクトに伝えられるようになり、企業も個人と直接仕事を依頼しやすくなってきました。

 しかし、在宅で仕事をしていると人と接する機会があまりなく、どのようにすればお金に関する部分でもっと効率よく稼げるのか、あるいは仕事を休んだ場合の収入をどうするかなどを教えてもらう機会が少ないのではないかと考えています。

 岩瀬大輔社長兼COO

岩瀬: クラウドワークスを作った時からここまで考えていたんでしょうか?

吉田: 最初はそこまで考えていませんでした。クラウドワークスをやっているうちに、皆さんから「御社はマッチングするだけで気楽だね。わたしたちの生活の面倒までは見てくれないよね」という声が上がってくるようになって……フリーランスにとってお金や生活保障の重要性がどれだけ高いのかを実感するようになったんです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ