連載
» 2014年10月30日 08時00分 UPDATE

人に話したくなるコラム:ファストフードの時代は終わった? 変わりゆく米国の食事情 (1/4)

米国のファストフードと言えば「マクドナルド」を思い浮かべる人も多いのでは。米国のみならず、世界中の食文化に大きな影響を与えてきたファストフード・ビジネスが、いま大きく変わろうとしている。

[藤井薫,Business Media 誠]

著者プロフィール:

藤井薫(ふじい・かおる)

 大学を卒業後、広告代理店や出版社を経てライターに。

 『POPEYE』『an・an』(マガジンハウス)や『GLAMOROUS(グラマラス)』(講談社)などで、ファッション、ビューティ、ビジネスなど幅広い記事をカバー。日本と海外を頻繁に行き来して、海外トレンドを中心に情報発信している。

 そんな思いをベースに、世界の企業動向や経営哲学をはじめ、それをとりまくカルチャーやトレンドなどを中心にして、思わず誰かに言いたくなるようなネタを提供していくコラムです。


 米国の食文化に多大なる影響を与えてきたファストフード・ビジネスが、いま大きく変わろうとしている。

 米国のファストフードと言えば、まずマクドナルドを頭に浮かべる人が多いのではないだろうか。70年以上にわたり米国でファストフードの時代を切り開いてきたマクドナルドは、近年、ビジネスの低迷に悩まされている。米国マクドナルド社によると、8月のグローバルでの売り上げは、2003年以来過去最悪となる3.7%減少となった。その内訳は、米国で2.8%の減少、欧州地域では0.7%の減少。そして、アジア・パシフィック(中東とアフリカも含む)地域では、14.5%も落ち込んだ。

 ファストフード文化を世界中に拡大させてきたマクドナルドの停滞を横目に、今、米国ではファストフード界に新たなトレンドが巻き起こっている。食のクオリティを追求する「ファストカジュアル」の台頭だ。そして、その中心になっているのが、人気急上昇中の「Chipotle Mexican Grill(チポートレ・メキシカン・グリル)」だ。

 チポートレは、ブリトーやタコスを中心としたメキシコ料理のファストフード店で、米国に約1600店舗を展開している。2013年度の売り上げは前年比18%増の32億ドル(約3455億円)を計上し、右肩上がりだ。ただメキシコ料理のファストフード店は、チポートレが先駆者というわけではない。老舗でいえば、Taco BellやDel Tacoなどが有名だし、他にもファストフード店はたくさんある。

yd_fujii1.jpg チポートレ・メキシカン・グリルで販売しているBurrito(出典:Chipotle Mexican Grill)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ