連載
» 2014年10月22日 07時00分 UPDATE

脳を強くする56の習慣:運動すると記憶力が20%アップする (1/2)

脳を元気にするには、脳神経細胞同士のつながりを増やすことが大切です。適度な運動は脳を刺激して、記憶力をアップさせます。

[米山公啓,Business Media 誠]

集中連載「脳を強くする56の習慣」について

ks_brain_book190.png

本連載は、米山公啓著、書籍『脳を強くする56の習慣』(中経出版)から一部抜粋、編集しています。

最近、うっかり用事を忘れることが増えた、発想がどうもマンネリだ――あなたにも心当たりはありませんか?

「自分はまだまだ大丈夫」と思っていても、家族や周りの人が認知症や脳梗塞になった途端、他人事ではすまなくなります。

では、「強い脳」とは何でしょうか? 記憶力や集中力が高く、さらには豊かな創造性を発揮する脳のことをいいます。まずは動脈硬化にならない、健康であることが「強い脳」への第一歩です。

本書では医学博士の米山公啓氏が、最新の知見をもとに脳を「強くする」習慣を紹介します。

「1日3杯のコーヒー習慣」「新作映画を映画館で観る」などの、強い脳をつくる、日常生活でちょっとひと工夫すれば実践できるものばかりです。さあ、あなたも今日から始めてみませんか。


運動すると記憶力が20%アップする

 脳の中ではさまざまな物質が脳を守ったり、活性化させたりしています。その物質の1つが、BDNF(脳由来神経栄養因子)です。

 脳を元気にするには、脳神経細胞同士のつながりを増やすことがもっとも大切です。もっと言うと、増やすというより育てていくイメージです。そのとき、肥料のような役目をするのがBDNFです。実験的にも、神経細胞にBDNFを作用させると、神経細胞が成長していくことが証明されています。

 BDNFは神経細胞同士の信号を強くすることも分かっています。さらに神経細胞に作用して、脳内で必要な神経伝達物質をもっと作るように指令を出すのです。

 では、このBDNFを増やすにはどうすればいいでしょうか。マウスの実験で、走るマウスと走れないようにしたマウスとでは、走ったマウスでBDNFが増えて、長く走ったマウスほどその量が多かったのです。とくに海馬(かいば)で著しく増殖しました。運動をさせると、マウスの学習機能がアップすることもこれで証明できます。さらに、運動によって海馬が大きくなることも証明されています。

 米国の運動ガイドライン2008年版では、早歩きを1日30分、週5回以上、30分の筋トレを週2日行うように推奨しています。人間も、運動後のほうが20%も早く単語の記憶ができることが分かっています。つまり適度な運動が脳を刺激して、記憶力もアップしていくわけです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集