調査リポート
» 2014年10月16日 15時16分 UPDATE

海外に展開している企業のうち、4割が撤退を検討

海外に進出している企業で、撤退を考えたことがある企業はどのくらいあるのだろうか。海外に生産拠点や販売拠点などを置いている企業(1611社)に聞いた。帝国データバンク調べ。

[Business Media 誠]
yd_teikoku1.jpg 海外進出企業のうち4割が撤退を検討(出典:帝国データバンク)

 海外に進出している企業で、撤退を考えたことがある企業はどのくらいあるのだろうか。海外に生産拠点や販売拠点などを置いている企業(1611社)に聞いたところ、「撤退または撤退の検討あり」と答えたのは39.4%であることが、帝国データバンクの調査で分かった。

 海外からの撤退または撤退検討時に直面した課題を聞いたところ「資金回収が困難」(38.3%)が最も多く、次いで「現地従業員の処遇」(31.8%)、「法制度、会計制度、行政手続き」(29.5%)、「為替レート」(26.5%)が続いた。「大企業では『資金回収』や『法制度』『現地従業員との関係』を課題として挙げる企業が多かった一方で、『為替レート』を課題に挙げる企業は規模が小さいほど多く、小規模企業では38.7%と4割近くに上った(大企業は21.7%)」(帝国データバンク)

yd_teikoku2.jpg 海外からの撤退または撤退検討時に直面した課題(出典:帝国データバンク)

生産拠点として最も重視する国・地域

 今後、海外に進出する場合、生産拠点として最も重視する国・地域はどこですか? この質問に対し「ベトナム」(10.9%)がトップ。以下「中国」(6.9%)、「タイ」(4.8%)、「インドネシア」(2.6%)、「ミャンマー」(1.9%)など、アジア諸国・地域が続いた。一方、販売先では「中国」(12.2%)がトップ。以下「米国」(4.2%)、「タイ」(4.0%)、「ベトナム」(3.6%)、「インドネシア」(3.4%)が続いた。上位10カ国・地域でみると、米国以外はすべてアジア諸国・地域が並んだ。

yd_teikoku3.jpg 生産拠点として最も重視する国・地域(出典:帝国データバンク)

 インターネットを使った調査で、1万968社が回答した。調査時期は9月。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ