連載
» 2014年10月08日 08時00分 UPDATE

松岡功の時事日想:「次」の情報セキュリティ──私たちは、何を考えるべきか (1/4)

昨今多発している「情報漏えい事件」、これは人ごとではない。モバイル機器の普及と次なるIoT化──。では、私たちは「次の情報セキュリティ」で何を考えればいいのか。情報セキュリティの最新トレンドと将来展望を、セキュリティ大手米マカフィー幹部の話をもとに考察する。

[松岡功,Business Media 誠]

著者プロフィール:松岡功(まつおか・いさお)

photo

ITジャーナリストとしてビジネス誌やメディアサイトなどに執筆中。1957年生まれ、大阪府出身。電波新聞社、日刊工業新聞社、コンピュータ・ニュース社(現BCN)などを経てフリーに。2003年10月より3年間、『月刊アイティセレクト』(アイティメディア発行)編集長を務める。(有)松岡編集企画 代表。

 主な著書は『サン・マイクロシステムズの戦略』(日刊工業新聞社、共著)、『新企業集団・NECグループ』(日本実業出版社)、『NTTドコモ リアルタイム・マネジメントへの挑戦』(日刊工業新聞社、共著)など。ITmedia エンタープライズでも「Weekly Memo」を連載中。


 「日本航空(JAL)の顧客情報管理システムから、JALマイレージバンクの会員情報が約19万人流出か」「ヤマト運輸のインターネット会員制サービスで、1万件を超える個人情報が流出か」「佐川急便のインターネット会員制サービスで、約3万4000件の個人情報が流出か」……。昨今多発している「情報漏えい事件」、これは人ごとではない。

 2014年7月に発覚した、約3500万件の被害規模に及ぶベネッセホールディングスの情報漏洩事件は、大きな社会問題となった。これをきっかけに、情報セキュリティ対策への関心が一段と高まった。それは確かだが、むしろベネッセの一件が“号砲”になったかのように、その後もよく知られた企業(つまり、影響が広範囲に渡るサービスを運営する企業)の情報漏えい事件が続発している。

 今後、どう対策すればいいのか。何を考えるべきか。企業は改めてその対応を求められている。

 今回は、この個人情報漏えいの対策の現状、そもそもの情報セキュリティの最新トレンドと将来の展望について、セキュリティソフトベンダー大手の米マカフィーでチーフ コンシューマセキュリティエバンジェリスト兼グローバルコンシューママーケティング担当バイスプレジデントを務めるギャリー・デイビス氏の話を聞く機会を得た。その内容をもとに“現状と今後”を考察しよう。

photo マカフィー チーフコンシューマセキュリティエバンジェリスト兼グローバルコンシューママーケティング担当バイスプレジデントのギャリー・デイビス氏
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news063.jpg
ビールは22円値下げの見込み:
news020.jpg
コンビニ探偵! 調査報告書:
news039.jpg
池田直渡「週刊モータージャーナル」:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -