ニュース
» 2014年09月26日 19時06分 UPDATE

ポット式:駅ナカNEWDAYS、ドトールと共同開発でコンビニコーヒーを開始

JR東日本の駅ナカコンビニ「NEWDAYS」は、10月1日からコンビニコーヒーの提供を開始する。ホットコーヒーとアイスコーヒーの2種類でいずれも100円。

[Business Media 誠]

 JRリテールネットは9月25日、JR東日本が展開する駅ナカコンビニ「NEWDAYS」で、カウンターコーヒー「Eki na CAFE(エキナカフェ)」を展開すると発表した。10月1日から販売を開始し、2014年度中に70店舗展開を目指す。

ay_ekinacafe02.jpg Eki na CAFE(エキナカフェ)

 メニューはホットコーヒーとアイスコーヒーの2種類で、いずれも170ミリリットル、100円(税込)。10月1日〜3日は発売記念のお試しセールということで50円で販売する。

ポットからセルフでコーヒーを注ぐ方式

ay_ekinacafe03.jpg 駅ナカカフェのコーヒーマシン

 エキナカフェは、レジでコーヒーの紙カップを購入し(アイスの場合は氷入りカップ)、清算後に顧客がポットからコーヒーを入れるセルフ方式。ブラジルコロンビア産のコーヒー豆をメインにブレンドし、直火焙煎(ばいせん)することで香ばしく、後味はクリアに仕上げた。ドトールコーヒーとの共同開発だが、商品はNEWDAYS用のオリジナルブレンドのコーヒーで、ドトールが店舗販売しているものとは異なるコーヒー豆を使っているという。

 大手コンビニ各社がコーヒーに力を入れる中、NEWDAYSにもコーヒーの取り扱いを求める顧客の声が多く、カウンターコーヒーの展開を決めた。駅ナカでは通常のコンビニよりもスピードが求められるため、オペレーションを速くするためにサイズを1種類に絞り、また店員がコーヒーを入れるフルオペレーションではなく、セルフ式を採用した。大手コンビニで採用されている一杯挽きのコーヒーマシンは約60秒かかるのに対し、ポットだと約10秒でコーヒーを入れられるため、ポット式を採用したという。

ay_ekinacafe01.jpg カップデザインとロゴ。ロゴには、駅ナカをイメージして電車のイラストを採用した

関連キーワード

コーヒー | コンビニ | 駅ナカ | JRグループ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集