コラム
» 2014年08月20日 07時00分 UPDATE

マネーの達人:不倫による離婚――探偵や裁判所、弁護士費用の相場は? (1/2)

最近、配偶者のようすや行動パターンがおかしい……。どんな夫婦でも、浮気を疑う瞬間は少なからずあるでしょう。とはいえ、相手に直接浮気の真偽を問うのは勇気がいります。事前に浮気の証拠を集めるなど、できる限りの準備をしておきましょう。

[露木幸彦,マネーの達人]
マネーの達人

 最近、どうも配偶者の様子や行動パターンがおかしいと感じる。「もしかして浮気をしているのかも?」と怪しまざるを得ない……どんな夫婦でも少なからず「浮気を疑う場面」に遭遇するでしょう。とはいえ、いざ配偶者に対し、浮気の真偽を問い詰めるのは、なかなか勇気がいることです。直談判をする前に、できる限りの準備をしておきたいところです。

裁判所も認める「確たる証拠」とは

 では、配偶者の何をチェックし、どのような証拠を用意して証言を集めればいいのでしょうか?

 まず、浮気における「確たる証拠」を押さえておきましょう。配偶者と浮気相手の2人が、ホテルや浮気相手の家や旅行先の旅館などに出入りする瞬間の写真や動画などがそれにあたります。これらを用意しておけば、かなり手堅いです。

 なぜなら、裁判所はこの手の証拠があれば「肉体関係があったとみなす」という見解を示しており、本人が白状しなくてもそれを証明することができるからです。部屋の中にカメラを設置すれば、性交渉の瞬間を盗撮することも可能ですが、それは現実的には不可能ですから、性交渉の有無にかかわらず、出入りの証拠だけで十分と言えます。

証拠集めにかかる費用は?

 このような確たる証拠を手に入れるには、探偵や興信所に依頼することも検討しなければなりません。

 では、探偵などに証拠集めを頼んだ場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 ある探偵社の見積では、1時間あたり2万円だそうです。例えば、デートから食事、ホテルまで6時間かけて尾行した場合、費用は12万円です。

 一方、「研修」と偽って出かけた2泊3日の旅行を72時間尾行した場合、費用は144万円ですから、かなり高額だと言えます。なるべく手短に確たる証拠を集めてくれる探偵に頼むのがよさそうです。

       1|2 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

Loading

注目のテーマ