調査リポート
» 2014年08月12日 16時48分 UPDATE

休暇中にスマホを手放せないのは、どこの国の人?

「休暇中でもスマホを手放せない」というのは、どこの国の人が多いのだろうか。オンライン予約サイトを運営するホテルズドットコム ジャパンが調査した。

[Business Media 誠]

 「休暇中に仕事用のスマートフォン(携帯電話を含む)は持ちたくない」と思っていても、実際は心配なので手放せない人も多いのでは。オンライン予約サイトを運営するホテルズドットコム ジャパンが休暇中にスマホを手放せない人(28カ国)を調べたところ、最も多かったのは「タイ人」(85%)であることが分かった。

 タイと僅差で2位にランクインしたのは「韓国人」で78%。3位は「日本人」で69%だった。日本人の38%が「休暇中にスマホを長時間使い過ぎたことを帰宅後に後悔」している。77%が休暇中に仕事関係のメールをチェックしている一方で、69%が休暇を利用して仕事のことを忘れようとしていることを考えると、後悔するのも当然かもしれない。また、SNSへのアクセスはどこにいてもとても重要という日本人は42%もいるので、スマホを手放せない理由は仕事だけではないようだ。

yd_phone1.jpg 休暇中にスマホを手放せない国ランキング(出典:ホテルズドットコム ジャパン)

休暇中の体験を誇張する傾向

 休暇中の体験を誇張する傾向があるのはどこの国の人だろうか。この質問に対し、最も多かったのは「中国人」で67%。帰宅後に家族や友人に思わず嘘をついてしまう人が目立った。次いで「ドイツ人」(64%)、「韓国人」(48%)、「スペイン人」(47%)、「タイ人」(46%)と続いた。韓国人は、他人を感心させるために話を大きくする傾向があるようだ。

 ちなみに、日本人はオランダ人と同率の9位(36%)だった。

yd_phone2.jpg 休暇中の体験を誇張する傾向がある国ランキング(出典:ホテルズドットコム ジャパン)

 インターネットを使った調査で、2495人(28カ国)が回答した。調査時期は7月。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集