トップ10
» 2014年08月08日 19時45分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2014年7月28日〜8月3日):台風11号が持つ“11年ぶり”の特徴

先週のBusiness Media 誠は、メディアの事件に対する報道姿勢に言及した記事や、少子化問題について取り上げた記事が注目を集めました。

[池田憲弘,Business Media 誠]

 「Business Media 誠」の記事アクセスランキング「誠 Weekly Access Top10」。今回は2014年7月28日から8月3日までの集計です。

 先週の1位は「なぜ岡山少女監禁事件で『壁一面に少女アニメポスター』という情報が流れたのか」でした。事件内容とともに「49歳自称イラストレーター」といった犯人の人間像が話題になったこの事件ですが、こうした側面は岡山県警のミスを隠すための動きだったのではないか、と窪田氏は指摘しています。

 4位にランクインした「夫婦が家族をもう1人増やせない……「2人めの壁」について考える」はSNS上で話題になりました。Facebook上でのいいね!の数は5000を超えています。どうすれば、少子化を食い止められるのか。さまざまな要因がありますが、記事中で取り上げている「1 more Baby応援団」は2人目の子どもをためらう「ふたりめの壁」について対策を考えています。気になった方は記事をどうぞ。

台風は1年に何回やってくる?

 この週末、台風11号が日本列島を縦断する可能性があると気象庁が発表しています(参照リンク)。台風がやってくると何となくドキドキというか、ウキウキしていた小さいころの筆者ですが、社会人となった今では、予定がつぶれたりするので、できれば台風の被害は避けたいと思うようになりました。

 さて、この時期になると数が増える台風ですが、1年間で台風はどれくらい日本に上陸しているのでしょうか。これは気象庁が公表しているデータから調べることができ、平均(1981年〜2010年の30年平均)で約2.7回とのこと。ちなみに上陸の定義ですが、「台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合」となっています。

photo 月別の台風発生・接近・上陸数の平年値(出典:気象庁)
photo 台風の上陸数(出典:気象庁)

 気象庁は1951年から記録を取り続けていますが(参考リンク)、台風が1度も上陸しなかった年もある(1984、1986、2000、2008)一方で、1年に台風が10回も上陸した年もあります。2004年です。

 この年は10個の台風上陸に加え、豪雨などの気象災害が多発した年でした。年後半にも浅間山噴火、紀伊半島南東沖地震、新潟県中越地震といった天災が続き、災害の被害がメディアに多く取り上げられたこともあり、今年の漢字に「災」が選ばれた年でした。

 お盆の時期に日本列島を縦断する台風は、2003年以来11年ぶりとのこと。そのときも全国に大きな被害をもたらしたと言います。読者の皆さんもくれぐれもご注意を。

メールマガジン「ビジネス通信 誠」を読んでみませんか?

photo ビジネス通信 誠サンプル

 いつも「Business Media 誠」「誠 Biz.ID」「誠 Style」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。これら誠の各媒体の人気記事やオススメ記事、編集部員のコラムをお届けするHTMLメールマガジン「ビジネス通信 誠」をご存じですか? 毎週水曜日に配信していますので、ぜひこちらの読者にもなっていただけると幸いです。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ