調査リポート
» 2014年07月07日 20時05分 UPDATE

キュレーションサービスの市場規模は拡大、と予測

矢野経済研究所が「キュレーションサービスの市場規模」を発表した。それによると、2012年度の市場規模は60億1100万円。その後も拡大していき、2017年度には……。

[Business Media 誠]

 インターネットの普及によって情報量が増えているが、その一方で個人が読むことができる情報量に限界がきている、とも言われている。このような課題を解決できるのでは? と期待されているのが、「キュレーションサービス」である。キュレーションサービスといえば、「NAVER まとめ」「SmartNews」といったユーザーを集めて広告などで運営する情報サービスや、「Origami」「HATCH」といったECの手数料などで運営するECサービスがあるが、市場規模はどのくらいあるのだろうか。

 矢野経済研究所がキュレーションサービスの市場規模(国内)を調査したところ、2012年度は60億1100万円であることが分かった。また、今後の市場規模は年平均成長率45.7%で推移し、2017年度には395億3000万円に拡大する、と予測している。特に、ECサービスについては、2017年度まで成長率が70.7%と高い数値で推移していくのではないか、とみている。

 キュレーションサービスのメリットとして、一般的に「少ない投資でインターネット上の大きなトラフィック(アクセス数)を稼げるかもしれない」と言われている。調査を行った矢野経済研究所は「Webマーケティングの重要性が高まっている中で、このようなメリットを持つキュレーションサービスへの注目が集まっており、今後、ECや小売、メディア、ビッグデータ分析など多方面において活用が進んでいくのではないか」としている。

yd_yano.jpg キュレーションサービスの市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所)

 面談・電話・メールによる方法で、キュレーションサービス事業者に話を聞いた。調査時期は4〜6月。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -