連載
» 2014年07月04日 08時00分 UPDATE

最終回・上阪徹が探る、リクルートのリアル:リクルートの最年少役員が語る、求人サイト「indeed」買収の舞台裏 (1/6)

外資系企業とのM&Aは難しいと言われているが、なぜリクルートは米国で生まれた世界最大の求人サイト「indeed」の買収に成功したのか。M&Aを仕掛けたのは、リクルートホールディングスの最年少執行役員・出木場久征氏。彼に当時の話を振り返ってもらった。

[上阪徹,Business Media 誠]

著者プロフィール:

上阪徹(うえさか・とおる)

 1966年兵庫県生まれ。1989年早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経てフリーランスのライターとして独立し、雑誌や書籍などで執筆。経営、経済、金融、ベンチャー、就職などの最前線のビジネス現場から、トップランナーたちの仕事論を分かりやすく伝えるインタビュー、執筆を得意とする。取材相手は3000人を超える。

 著書に『書いて生きていく プロ文章論』『リブセンス<生きる意味> 』『成功者3000人の言葉 人生をひらく99の基本』『職業、ブックライター』『僕がグーグルで成長できた理由』など。インタビュー集にベストセラーになった『プロ論。』など。


yd_riku1.jpg グローバル本部グローバルオンラインHR担当の出木場久征氏

 この20年で急激な成長を遂げたリクルート。その変化を象徴するキーワード「グローバル」「新規事業」「テクノロジー」「戦略・人材活用」「M&A」を5つのテーマに、第一線で働く現役社員に聞く。「M&A」の第9回前編に引き続き、後編をお届けする。

 月間ユニークビジターが1億4000万という驚異的なサイト「indeed(インディード)」を2012年に買収したリクルート。世界55カ国以上、28言語で展開している、2004年に米国で生まれたこの企業は、アグリゲート型検索モデルと呼ばれる事業を展開している。インターネット上にある求人情報を検索エンジンが検索し、求人サイト内の求人情報はもちろん、企業のWebサイトにある求人情報なども取って来られる仕組み。原理的には、インターネット上のすべての求人情報を検索できることになる。しかも、地球規模で、である。

 このindeed買収を、全社Web戦略室室長時代に自ら仕掛け、現在はCEO&Presidentとして米国に駐在、世界規模の成長を牽引しているのが、グローバル本部グローバルオンラインHR担当の出木場久征氏だ。リクルートホールディングスの最年少執行役員。入社13年目の36歳にして17人しかいない執行役員の一人に任命された人物である。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -