調査リポート
» 2014年06月25日 20時30分 UPDATE

かむ食べ物が効果アリ:仕事に集中できていますか?

集中力が必要と感じる社会人は多いものの、自信がある人は約半数――ということがモンデリーズ・ジャパンの調査で分かった。集中力を高めるには、食べ物をかむことが効果的だという。

[Business Media 誠]

 安倍政権が掲げる成長戦略の中に、“残業代ゼロ”の対象を広げる「労働時間規制の適用除外」(ホワイトカラー・エグゼンプション)が含まれて以降、残業に注目が集まっている。こうした制度が導入されれば、今までより一層、仕事を効率的にこなすための集中力が重要となるだろう。

 モンデリーズ・ジャパンが20〜30代のビジネスパーソンを対象に行った調査によると、ほぼすべての人が「社会人にとって集中力は重要」と考えている一方で、自分が集中力が高いと思っている人は55.8%(「高い」と「やや高い」の合算値)と、半数程度にとどまることが分かった。

photo 集中力に対する質問(出典:モンデリーズ・ジャパン)

 しかし、一方で「お金を払ってでも集中力を持続させたいか」という問いに対しては「思うことがある」と答えたのは29.2%となった。そのように答えた人に「1カ月あたりどの程度のお金を使いたいと思うか」と聞くと、「500円以上、1000円未満」と「1000円以上、3000円未満」と答えた人がそれぞれ25.3%でトップとなった。集中力対策はなるべく手軽に行いたいという考えがうかがえる。

photo 集中力向上にお金をかけられるか(出典:モンデリーズ・ジャパン)

 今回の調査結果について、神奈川歯科大学名誉教授の小野塚實氏は「梅雨になると湿気が多くなり、そのうっとうしさがストレスとなって、多くの人は集中力が低下する。物をかむことで脳の記憶力を司る部分を活性化しつつ、脳のストレスを緩和できるので、集中力が高まる。安価で咀嚼(そしゃく)を強いる食べ物を食べるのが好適」としている。

 インターネットによる調査で、20〜39歳の営業職を除くビジネスパーソン312人が対象(うちガムユーザー156人、非ガムユーザー156人)。調査期間は2014年5月28日〜29日。

関連キーワード

調査 | ビジネスパーソン | 残業 | ストレス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集