調査リポート
» 2014年06月20日 07時00分 UPDATE

YouTubeの動画広告で商品を買ったこと、ある?

YouTubeの利用実態について、ジャストシステムが調査したところ、再生前動画広告を見て商品を購入する人が約1割、公式プロモーション動画を見て、商品を購入する人が約2割いることが分かった。

[Business Media 誠]

 YouTubeの動画広告、見たことありますか? ジャストシステムの調査によると、こうした“プレロール広告”を見たことがあるのは73.8%、そのうち約2割の人がプレロール広告をきっかけにして、ブランドやサービスのWebサイトを訪問した経験があることが分かった。

 プレロール広告を見た人のうち「ほとんどスキップする」と答えた人が82.9%いる一方で、「『広告』を最後まで見たことがある」人は59.5%、「『広告』をきっかけに、ブランドやサービスのWebサイトを訪問したことがある」人は23.3%、「『広告』をきっかけに、ブランドやサービスを購入したことがある」人は10.6%となった。

photo プレロール広告の視聴経験(出典:ジャストシステム)
photo プレロール広告からどのような影響を受けたか(出典:ジャストシステム)

公式プロモーション動画、約半数が視聴経験

 YouTubeの動画広告はプレロール広告以外にも、企業が制作したCMやチャレンジ動画といった、公式のプロモーション動画もある。こちらの視聴経験がある人は53.3%と、プレロール広告よりも低かったものの、視聴者のうち「プロモーション動画でブランドやサービスのサイトを訪問したことがある」人は51.6%、「プロモーション動画でブランドやサービスを購入したことがある」人は25.0%と、プレロール広告よりも商品の購入に結びつきやすいことがうかがえる。

photo 企業公式プロモーション動画の視聴経験(出典:ジャストシステム)
photo 企業公式プロモーション動画で受けた影響(出典:ジャストシステム)

 本調査はジャストシステムのアンケートサービス「Fastask」による調査で、10〜60代の男女960人が対象。調査期間は2014年6月12日〜13日。

関連キーワード

広告 | プロモーション | 動画広告 | YouTube


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -