調査リポート
» 2014年06月10日 15時44分 UPDATE

2014年夏休み、ネット予約で人気の高い都市は?

JTBグループのeコマース事業を担当している株式会社i.JTBは、夏休み期間の海外航空券と海外ホテルのネット予約状況を発表した。それによると……。

[Business Media 誠]

 JTBグループのeコマース事業を担当している株式会社i.JTBは6月10日、夏休み期間(7月15日から8月31日出発)の海外航空券と海外ホテルのネット予約状況を発表した。今年のGWは飛び石連休の影響もあって、海外旅行よりも国内旅行のニーズが高かったが、夏休みについてはボーナスの支給状況の見通しがよいこともあって、前年同期比で1割増となっている。

 5月31日時点のランキングをみると、今夏のキーワードは「中距離方面へのシフト」。海外航空券、海外ホテルともに人気都市の1位は「ホノルル」だった。また、羽田空港の発着枠拡大を受け、昨年に比べ「ロンドン」「パリ」のランキングが上昇。さらに、ファミリー層に「グアム」の人気があり、順位を上げた。

 海外航空券のランキングをみると、近距離のアジア・中国の5都市(バンコク、グアム、ソウル、上海、台北)、遠距離の欧州の2都市(ロンドン、パリ)、ハワイ、ミクロネシア、米国のそれぞれ1都市が食い込んだ。台北は8位にランクインしたものの、「訪日旅客の増加によって、航空座席の確保が難しくなっている」(i.JTB)という。

 海外ホテルのトップ10にランクインしている都市は、海外航空券とほぼ同じ。昨年圏外だった、グアム(11位)、ニューヨーク(14位)がトップ10入りした。

yd_tra1.jpgyd_tra2.jpg 都市別人気ランキング、海外航空券(左)と海外ホテル(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -