インタビュー
» 2014年06月04日 07時30分 UPDATE

仕事をしたら“味”を分析できるようになった:コンビニコーヒーの味に違いはあるの? 科学的に分析した (3/6)

[土肥義則,Business Media 誠]

コーヒーチェーンのコーヒー

鈴木: まず下の図を見ていただけますか? これは「コーヒーの味マップ」。縦軸は、上にいくほど「コク」が強くて、下にいくほど「あっさり」しています。横軸は、右にいくほど「苦味」が強くて、左にいくほど「酸味」が強いことを示しています。

 ここで、ドイさんに質問です。今回用意した6つのコーヒー(スターバックス、ドトール、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、ミスタードーナツ)の中で、「コクが強くて苦味のある」モノはどれだと思いますか? 赤い丸で囲っているところですね。

yd_coffee2.jpg

土肥: あ、それは簡単。スタバのコーヒーですよ。あれは、かなり苦味を感じますからね。

鈴木: 正解! では次に「あっさりして酸味が強い」のはどこのコーヒーだと思いますか? 緑の丸で囲っているところですね。

yd_coffee3.jpg

土肥: むむ。これはちょっと難しい。マクドナルドかミスドのコーヒーでは?

鈴木: 残念。これはドトールなんですよ。マップを見ていただければ分かりますが、スタバとドトールのコーヒーは真逆に位置していますよね。ということは「両社の顧客は違う」とみてとれるんですよ。つまり、「コクがあって苦味の強いコーヒーが好き」という人はスタバ、「コクの強いのは苦手なので、あっさりして酸味の強いコーヒーが好き」という人はドトール。

土肥: 何度か飲んでいる人であれば、分かると思うんですよ。同じコーヒーカップを使っても「こっちはスタバ」「こっちはドトール」といった感じで。それほど両社のコーヒーの味は違う。ただ「違う」と分かっていても、それがどのくらい違うのか、言葉で説明することは難しいですよね。多くの人は、スタバのコーヒーを飲んで「苦いなあ」、ドトールのコーヒーを飲んで「薄いなあ」といった表現しかできないと思う。でも、味覚センサーを使うと、数値化されるのでかなり違うことが分かりますね。

 これは憶測ですが、ドトールは“スタバのコーヒーは苦手”という人を狙っているのかもしれません。コクがあって苦いコーヒーは嫌いという人に「ウチのコーヒーはさっぱりしているから、いかがですか?」という戦略。……と思わせるくらいのポジションですね。

鈴木: です、です。

yd_coffee8.jpgyd_coffee9.jpg スターバックスのコーヒー(左)とドトールのコーヒー(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -