ニュース
» 2014年06月03日 13時17分 UPDATE

“Beacon”導入の総合ソリューション:「ACCESS Beacon Framework」がAndroidにも対応、“Beacon”お試しキットも提供

“Beacon”を用いたコンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework」がAndroidにも対応。機能やサービスを試せる「評価キット」も用意する。

[Business Media 誠]

 ACCESSは6月3日、“Beacon”を用いた位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework」にAndroid OS対応機能を拡充すると発表。iOS機器(機能名:iBeacon)およびAndroid OS機器、両OSに対応した最新バージョンを2014年7月2日に投入する。

photo 「ACCESS Beacon Framework」ソリューションの概要

 ACCESS Beacon Frameworkは、Bluetooth Low Energy(BLE)規格を用い、近づくだけで利用者のスマートフォンへ情報をプッシュ通知できるO2O(Online to Offline:オンラインの情報からオフラインの消費行動を促すマーケティング施策)型顧客誘導・コンテンツ配信のための総合フレームワーク。Beacon発信器、スマートフォン向けアプリケーション、Beaconクラウド管理システムをセットで提供する。iPhoneを中心とするiBeacon機能対応版は2014年2月より提供。BLEを備えるAndroid機器にも対応させることで、対象をより多くのスマートフォン利用者に広げられる。

 提供に合わせ、機能やサービスを試せる「評価キット」も用意する(6月16日提供開始)。評価キットには、Beacon発信器10台、Beaconクラウド管理システム(ソフトウェア)、スマートフォン向けリファレンスアプリケーション、コンテンツ制作ツール(PC画面で配信情報を作成、配信管理を行うためのソフトウェア)を含む。評価期間は3カ月。

photo 提供するBeacon発信器(Braveridge製)

関連キーワード

iBeacon | ACCESS | O2O | スマートフォン対応


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ