インタビュー
» 2014年05月28日 08時29分 UPDATE

仕事をしたら“アイス”ができた(3):30年前に生まれた自販機アイスが、今も増え続けているワケ (1/5)

「セブンティーンアイス」をご存じだろうか。ショッピングセンターや公園などで設置されている自販機アイスのことだが、登場してから今年で31年目。商品を扱っている江崎グリコに売れ続けている理由を聞いた。

[土肥義則,Business Media 誠]
yd_glico1.jpg 江崎グリコの「セブンティーンアイス」。名前は知らなくても、一度は食べたことがある人も多いのでは

 いきなりだが、「セブンティーンアイス」をご存じだろうか。「ん? サーティワンではなくて?」と思うかもしれないが、ショッピングセンターや公園などで設置されている自販機アイスのことだ。

 外で遊んでいるときに「暑い。アイスを食べたい」と思っても、近くにコンビニやスーパーがないことも。そんなときに、自販機でアイスを購入して、食べたことがある人も多いのでは。

 自販機で販売されている「セブンティーンアイス」――実は歴史が長く、2015年に三十路を迎える。自販機は現在も全国各地に設置数を増やしていて、その数は2万台に迫る勢いだ。また、2013年度の売り上げをみると、過去2番目。販売している江崎グリコに聞いたところ「今年度(2014年度)は過去最高の売り上げにしますよ」と鼻息が荒い。

 セブンティーンアイスといえば、コーンタイプやスティックタイプなどがあるが、なぜ30年ほど売れ続けているのか。ロングセラーの秘密を、同社マーケティング部の亀井正恵さんに話をうかがった。聞き手は、Business Media 誠編集部の土肥義則。

yd_glico8.jpg
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -