レビュー
» 2014年05月22日 23時00分 UPDATE

客室に洗濯乾燥機やミニキッチン:連泊出張の新提案、女子会にも?──東急ステイ展開「滞在型ホテル」とは (1/4)

東急ステイが、東京・新橋の虎ノ門ヒルズへ通じる新道沿いに“滞在型ホテル”とうたう「東急ステイ新橋」をオープン。“滞在型”とは何か、よくあるビジネスホテルとは何が違うのか、オープン直前の店舗を取材した。

[岩城俊介,Business Media 誠]

 景気回復の兆しとビジネス層ニーズ、そして2020年に控える東京オリンピックの需要を前に、都市型ビジネスホテルがサービスや設備を拡充させている。立地や値段はいいが、設備はそこそこ? こう思う層へ訴求するビジネス宿泊の新たなスタイルに「滞在型ホテル」と呼ぶカテゴリがある。

 東急不動産ホールディングスのグループ会社、東急ステイサービスは、2014年5月26日に“滞在型ホテル”の最新施設「東急ステイ新橋」(総客室数221室)をオープンする。

 滞在型ホテルとは何だろうか。

photo 5月26日にオープンする東急ステイ新橋(東京都港区新橋4-23-1)
photo フロントの様子 自動チェックイン/チェックアウト(料金支払い)機も備える

 滞在型ホテルとは、いわゆる都市部のビジネスホテル利用層をターゲットにするのは大きく変わらないが、特に「連泊」の需要を意識した設備や機能を積極的に取り入れ、一般的なビジネスホテルとの差別化を図った宿泊施設を示す。

 宿泊料金は1泊1万5100円から。同クラスの都心ビジネスホテルと同等の価格帯で、連泊を意識した機能性と快適性を前面に打ち出した。30〜40代のビジネスパーソンを主ターゲットに据え、ウイークリーマンションを利用するような5日以上の長期滞在や、企業の研修滞在などの需要も満たす設備に整えた。7泊以上の長期滞在で宿泊料金が下がる。

東急ステイ新橋の客室 面積 定員 洗濯乾燥機 電子レンジ ミニキッチン ベッドサイズ 基本宿泊料金
ショートステイ(1〜6泊)
基本宿泊料金
ロングステイ(7泊以上)
スマートシングル 14平方メートル 1人 幅1220ミリ 1万5100円 1万4300円
コージーシングル 14平方メートル 1人 幅1220ミリ 1万6200円 1万5300円
コンフォートシングル 15平方メートル 1人 幅1400ミリ 1万7200円 1万6300円
コージーダブル 15平方メートル 2人 幅1400ミリ 2万3700円 2万2500円
コンフォートダブル 19平方メートル 2人 幅1600ミリ 2万9100円 2万7600円
レジデンシャルダブル 20平方メートル 2人 幅1600ミリ 2万9100円 2万7600円

photo 2014年6月に開業する東京の新名所「虎ノ門ヒルズ」に関連し、大規模な再開発で開通した新道路「新虎通り」沿いにある
photo 場所は「遠山の金さん」の住居跡地なのだそうだ。館内には桜吹雪をモチーフにしたインテリアをさりげなく配置する。階上には東京タワー、東京スカイツリーが見える部屋もある
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ