調査リポート
» 2014年05月09日 10時05分 UPDATE

若手社会人の残業時間は月に36時間、理想は?

若手社会人は月にどのくらいの残業をしているのだろうか。2010年から2013年に新卒で入社した4年目までの社会人に聞いた。レジェンダ・コーポレーション調べ。

[Business Media 誠]

 若手社会人は月にどのくらいの残業をしているのだろうか。2010年から2013年に新卒で入社した4年目までの社会人に聞いたところ「1〜20時間」(28.4%)が最も多く、次いで「21〜40時間」(28.0%)であることが、レジェンダ・コーポレーションの調査で分かった。

yd_work1.jpg 月平均の残業時間(出典:レジェンダ・コーポレーション)

 月平均の残業は36時間だったが、男女によって違いはあるのだろうか。男女別でみると、女性は「1〜20時間」(41.0%)が最も多かったのに対し、男性は「21〜40時間」(30.4%)がトップ。また「41〜60時間」と答えた女性は10.4%だったが、男性は19.3%という結果に。

 理想的な残業時間を聞いたところ、全体では月平均24時間。実際の残業時間とのギャップは、12時間ほどあることが分かった。

残業をする理由

 あなたはワークライフバランスがとれていますか? という質問に対し、月の残業時間が「41時間〜」と答えた層は「とれていない(ややを含む)」が45%以上と高くなり、ワークライフバランスがとれていないことがうかがえた。

 残業をする理由を聞いたところ「自身に任される仕事量が多い」(61.6%)が最も多く、次いで「残業時間帯に会議や準備などをしないと仕事が進まない」(31.2%)、「仕事の難易度が高い」(25.1%)と続いた。また「社内の雰囲気だから」と答えたのは18.5%、残業が慣習となっている社内の空気が読みとめる結果となった。

yd_work2.jpg 残業をする理由(出典:レジェンダ・コーポレーション)

 調査結果を受け、レジェンダ・コーポレーションは「長時間労働はブラック企業の目安となっており、多くの企業が残業時間を減らす取り組みを行っている。残業時間を単純に減らすだけでなく、課せられた仕事量や難易度を適切なものか検討することが大切だ」としている。

 インターネットによる調査で、入社4年目までの社会人443人が回答した。調査期間は2月27日から3月7日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -