ニュース
» 2014年05月02日 09時22分 UPDATE

マイクロソフトが緊急公開:Internet Explorer脆弱性の対策プログラムがダウンロード可能に――XPユーザーも対象

マイクロソフトが、先日発見されたIEの脆弱(ぜいじゃく)性に対処するセキュリティ更新プログラムを緊急公開した。まずはこれをインストール。きちんと最新になったかも手動で確認しよう。

[岩城俊介,Business Media 誠]

 一連の騒ぎはひとまず落ち着きそうだ。

 マイクロソフトは5月2日(日本時間)、先日発見されたInternet Explorerの脆弱(ぜいじゃく)性(関連記事)に対処する緊急のセキュリティ更新プログラム(KB2964358/MS14-021)を公開した。

 対象はWindows XP SP3からWindows 8.1/RT 8.1にインストールされたIE 6、7、8、9、10、11。Windows Updateを通じて配信する。IEの自動更新を有効にしていればアップデートは自動で行われ、再起動後に適用される。例外的に、2014年4月9日でサポートを終えたWindows XPも更新の対象となる。

photo スタートメニューの検索ボックスに「更新プログラム」と入力すると、更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できる
photo Windows Updateより、Internet Explorerセキュリティ更新プログラム(KB2964358)を適用する(画像はWindows 7/IE9利用時の事例)。KB296435以外にも、見つかったセキュリティ更新プログラムは基本的にすべて適用してほしい。インストール後、きちんと最新になったか手動でも確認しよう
photo 「MS14-021」の内容
photo 例外的にWindows XPも更新の対象となった
photo 参考:適用前(画像=左)と適用後(画像=右)のIEバージョン情報画面 「更新バージョン:(KB2964358)」とあればインストールは完了だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ