連載
» 2014年04月05日 00時00分 UPDATE

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:確定申告の還付金を巡る詐欺(?)に注意

土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。確定申告で追加で税金を払ったあずさを気遣うはるか。でもそれってよく考えると……?

[雄山スズコ,Business Media 誠]
photo

 先月、確定申告の受付期間が終わりましたね。もう還付金を受け取った人もいることでしょう。

 還付金とは、源泉徴収された税金が収入に対して多すぎた場合に戻ってくるという制度です。例えば、仕事の報酬のうちの一部を経費として計上して調整したときや、医療費が10万円を超えるなど収入に対してかかり過ぎた場合など。

 株式では、複数の証券会社を使っていて損益通算(金融商品の売買で出た損益)ができなかったときや、過去に繰り越してきた損失を今年度の利益と相殺したときに発生します。Web上で確定申告ができるe-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用すると、還付金の受け取りが書類で申告するよりも早くなります。

 最近では、このような“還付金”を利用した詐欺もあります。「あなたの口座に、払いすぎた税金を払い戻します」といった電話をかけ、近くのATMなどに誘導し、暗証番号を聞き出す手口です。「自分は大丈夫」と思っていても被害に遭う人がいるため、対応には十分注意しなくてはいけません。

 今回のマンガのような話なら、そこまで注意しなくても、ほんの少し考えれば分かることですが、はるかみたいに引っかかってしまう人もいるのでしょうか。

 確かに筆者も、税金が戻ってくると“勝った”ような、払わなくてはいけないときは“負けた”ような気分になります。ですが実際は、株で損をしたから還付があり、利益が出たから納めなくてはならないわけで、勝ち負けは逆なのです。「こんなに税金取られた、つらいわー」という嘆き、それはただの“儲かっちゃった自慢”かもしれませんよ。

編集Iのつぶやき

最近急増しているという還付金詐欺、2013年は大阪府が日本で最も被害が多かったようです(参考リンク)。2014年はどこになるのか……。


カブジェネが単行本になりました!

ki_kabu.jpg

本連載『カブ・ジェネレーション』が単行本『新感覚投資コメディ 株に恋して』(中経出版)となって、2013年11月26日に発売しました。ハゲタカくんのスピンオフや作者自身のしょっぱい過去、オススメ(?)優待情報などなど、本でしか読めない描き下ろしも盛りだくさん。あずさとはるかの投資を巡るドタバタコメディ、どうぞお楽しみください!


 →『新感覚投資コメディ 株に恋して』(中経出版)


著者プロフィール:雄山スズコ

ki_seimoe.jpg

漫画家兼投資家。政治経済ジャンルに主に生息。2004年から投資を始める。中国株、日本株、各種外貨資産などさまざまな金融商品で痛手を負うが、こりずに挑戦中。著書に『政治萌え!〜国会ゆるゆる観察日記』(司書房)、『国会萌えコメディ 政界のまんががこんなにユルいわけがない』(集英社)。ぷら@ほ〜むで『国会萌えコメディ政界のまんががこんなにユルいわけがない』を連載中。公式サイト「桃熊薬局」。著作一覧はこちら。カブ・ジェネレーション単行本『新感覚投資コメディ株に恋して』(中経出版)が2013年11月26日に発売。「ハゲタカくんの華麗な日常」ほか描き下ろし漫画もたくさん。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集