コラム
» 2014年04月04日 08時00分 UPDATE

最高の絵:ゲームのグラフィックって、どのようにして作られているの? (1/2)

電車の中でスマホに向かってゲームをしている姿をよく見かけるが、ゲームに登場してくるキャラクターはどのように作られているのだろうか。グラフィック制作会社「キラリト」の松尾澄子社長に話を聞いた。

[真木ようすけ,Business Media 誠]

 電車に乗っていて、「この人はゲームをしているなあ」と思う瞬間はないだろうか。スマートフォンに向かって、指を素早く動かす人たち。隣の席からチラリと画面を覗くと、やはりゲーム。スマホアプリの「パズル&ドラゴンズ」が大ヒットしたのは記憶に新しいところだが、ちょっと気になることがある。それはゲームに登場してくるキャラクターや背景などのグラフィックは、どのように作られているかということ。

 「ゲーム会社に所属しているクリエイターが、グラフィックを制作しているケースもあります。ただ、新しいタイトルを作るときには、また新しいクリエイターが必要になってきます。でないと、同じようなデザインばかりになってしまいますからね。なので、最近のゲーム会社はコスト面も考慮して、外注するところが増えてきました」

 と語るのは、ゲームのグラフィック制作を手がけるキラリトの松尾澄子社長。同社がこれまで担当したゲームタイトルは100以上。現在月間で2000枚以上のグラフィックを制作しているそうだが、クリエイターは何人くらいいるのだろうか。

 「契約しているクリエイターは国内・国外合わせて、2万5000人くらい。今後は3万人くらいに増やしたいですね。どのように発掘している? それは企業秘密ですね(笑)。ただ、ひとつ例を挙げると、専門学校とタイアップして、クリエイターの育成にもチカラを入れています」

yd_kirai.jpg
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news023.jpg
新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
news017.jpg
任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
news012.jpg
水曜インタビュー劇場(空港のクルマ公演):
Loading

注目のテーマ